ベルミススリムレギンスの効果的な履き方と自分に合ったサイズ選びのコツをご紹介します。

ベルミススリムレギンスの履き方は、ただ着圧しているのではなく前もも部分がまっすぐであるほど美しく見えるインテグラルラインに着目して開発されています。

そのため、他の着圧タイツやレギンスとは履いた感覚が異なると感じる方がとても多いのも特徴の1つです。

サイズもワンサイズではないので、自分に効果的なサイズを選べます。

まずはベルミススリムレギンスの効果的な履き方をご紹介します。

履き方を雑にしてしまうと、着圧バランスが心地よく過ごせない状態になってしまったり、ベルミススリムレギンスの破れの原因にもなる場合があるので履き方は習慣化するまで特に気を付けてチェックしてくださいね。

ベルミススリムレギンスの履き方①:つま先から入れる

ベルミススリムレギンスの履き方は、まず両手でレギンスを手繰り寄せてつま先からひざまであげましょう。

ふくらはぎのみに着用するようなイメージです。

ベルミススリムレギンスは一気に引き上げず、段階を踏んで上にあげてく履き方がおすすめです。

指輪などが引っかかって破れたりしないように、アクセサリー類は外しておきましょう。

ベルミススリムレギンスの履き方②:ひざまで入れる

ベルミススリムレギンスをひざ下まで履いた状態から、膝上まで引っ張り上げます。

足首の位置と、ひざうらの位置を固定させながら履いていきます。

履き方が面倒に感じるかもしれませんが、ベルミススリムレギンスは慣れてしまえば簡単なのでコツを覚えるまでは段階を踏んだ履き方をしていきましょう。

ベルミススリムレギンスの履き方③:腰まで着用する

ベルミススリムレギンスを、最後は腰まで引き上げます。

この時に無理に伸ばしてしまう履き方をすると、股下にたるみ・隙間が出来てしまいます。

隙間が出来てしまった場合は、膝上まで一度ベルミススリムレギンスを下げてから再度引き上げて着用しましょう。

手の甲を太ももに沿わせながら、生地を少し中から手繰り寄せて最後は調整する履き方だと破れにくいですよ。

ベルミススリムレギンスのサイズ

ベルミススリムレギンスのサイズは2通りあります。

  • M~L:ウエスト64~77㎝、ヒップ87~100㎝
  • L~LL:ウエスト69~85㎝、ヒップ92~105㎝

せっかくベルミススリムレギンスがゆるくても、きつすぎても嫌ですよね。

サイズに悩んだ時、選ぶポイントをご紹介します。

どちらにも当てはまる私のサイズ選びは?

ベルミススリムレギンスが、ウエスト70㎝ヒップ90㎝と両方に当てはまったりするとサイズに悩んでしまいますよね。

両方に当てはまる、という方は基本的にL~LLサイズがおすすめです。

ベルミススリムレギンスは、着圧が強く感じるという方が多いため楽天などでは大きいサイズに変更してもらいたい…という口コミもありました。

サイズがギリギリであればワンサイズ大きく注文がおすすめです。

ただし、普段の最右が9号以下でスキニーやストレートパンツは履ける、という方はM~Lサイズがおすすめです。

後述では、交換OKの公式サイトキャンペーンをご紹介します。

もし、サイズを変えたくなっても交換OKなので安心して下さいね。

ベルミススリムレギンスの効果的な履き方

ベルミススリムレギンスをせっかく毎日使用するなら、効果的な履き方がしたいですよね。

ベルミススリムレギンスの履き方を少し意識することで、よりむくみが効果的にスッキリしたり、足が綺麗に見えるポイントをご紹介します。

ベルミススリムレギンスの効果的な履き方①:出かける前にチェックのコツ

着圧タイツや着圧レギンスを履いてお出かけをしていると、足が変にしびれたり疲れてしまったことはありませんか?

せっかく着圧していても、着圧場所がずれていれば当然効果的な履き方にはなっていません。

ベルミススリムレギンスの効果的な履き方はまず、着圧場所があっているか確認しておくことです。

ベルミススリムレギンスは腰まですっぽり着圧されているため、骨盤ケアとしても人気の高いレギンスです。

  • 座ったり立ったりしたときに、コツばにゃ太ももの内もも部分がギュッと潰されたような違和感がないか?
  • しゃがんだ時に、ひざ裏が痛くならないか?

この2点をチェックして、痛くなる場合はベルミススリムレギンスがずれてしまっています。

手を入れて手繰り寄せて修正するか、履き直していたくない状態にしておきましょう。

慣れてくると、1回で痛くない効果的な履き方が出来るようになるので習慣化するまでチェックしてから出かけましょう。

ベルミススリムレギンスの効果的な履き方②:腰回りをくるり

ベルミススリムレギンスは、他の着圧タイツやレギンスよりも腰回りが深くなっています。

腰回りまで、効果的な着圧が計算されているためくびれケアを同時にしておくと効果的な履き方です。

肋骨周りから前に流すようなイメージで、くびれを入れ込んでいく履き方をしましょう。

ベルミススリムレギンスで骨盤が支えられた状態で、胸を張って姿勢を正しておけば呼吸が深くなりくびれやすくなりますよ。

呼吸が深くなることで、太りにくい体のサポートも兼ねることが出来ます。

ベルミススリムレギンスの使い方まとめ

ベルミススリムレギンスは、慣れるまでは足首、ひざ、腰…と段階を踏んで効果的な履き方を心がけましょう。

サイズは悩んだ場合は、着圧が強めのため大きめのサイズを選択するほうがベターです。

出かける前には、動いて辛い場所がないか確認をしておくとより効果的な履き方が出来ますよ。

ベルミススリムレギンスは、骨盤ケアも兼ねているため足を組まないように気を付けておくとより効果的です。

コメントを残す

CAPTCHA