数の暗黙知!ドラゴン桜の仙人の『数の暗黙知とは』本当に存在する?

数の暗黙知!ドラゴン桜の仙人の『数の暗黙知とは』本当に存在する?

ドラゴン桜2の4話で仙人が生徒に教えた『数の暗黙知』は、数学の理解度を高める方法のようです。

『数の暗黙知』とは一体何なのかと聞き馴染みのない言葉に困惑してしまいますよね?

そこで、今回はこの『数の暗黙知』がどんなものなのか徹底解説しますよ。

この記事でわかること
  • 数の暗黙知は本当に存在するのか
  • 数の暗黙知とは何か
  • 数の暗黙知に対する反響

数の暗黙知!ドラゴン桜の仙人の『数の暗黙知とは』本当に存在する?

数の暗黙知!ドラゴン桜の仙人の『数の暗黙知とは』本当に存在するのか調査しました。

数の暗黙知とは、ドラゴン桜の原作漫画に登場する言葉です。

本作の4話で数学教師の柳鉄之介が、東大専科の3人に数学を克服するための方法として、数の暗黙知を身につける必要があることを説いていましたね。

数の暗黙知という言葉は原作の漫画を読んだことのない人にとっては、聞き馴染みのない言葉だったのではないでしょうか?

また、数の暗黙知という言葉のインパクトももちろんですが、この数学教師のビジュアルも視聴者の方にとっては印象深く感じたかと思います。

長い髭を蓄えて、竹刀を持つその見た目から柳は「仙人みたいだ」と生徒から言われていましたね。

それでは、この仙人が東大専科の生徒に説いた数の暗黙知とはどんなものなのでしょうか?

続いて、ドラゴン桜2の仙人がいう『数の暗黙知とは』について解説していきます。

数の暗黙知とは

ドラゴン桜2の仙人がいう『数の暗黙知とは』どんなものなのか解説します。

それは、数字や計算式を見ただけで自然と答えが出てくるようにすることを言います。

例えば、12という数字を見た時に「2x6」「3x4」「5+7」などと思い浮かぶのもこの数の暗黙知のおかげなのです。

数の暗黙知が身につくことによって数に対する感覚が身につき、図形や新しい問題に対する抵抗感を少なくすることができると言います。

また、小学生低学年の頃から数字に関する感覚を身につけることで、因数分解の解き方や化学、物理など分野でも応用することが可能になります。

数の暗黙知は、九九や繰り上がり、繰り下がりなどの基本的な計算に対して丸暗記するように取り組むことで、自然と身につく感覚です。

こうした積み重ねによって、数字を見ると自然に答えが思い浮かぶようになる数の暗黙知が身につきます。

ドラゴン桜のメソッドが学べる参考書もあるようです。

続いて、ドラゴン桜2の仙人に対するツイッターの反響を確認してみましょう。

数の暗黙知,ドラゴン桜の仙人についてツイッターの反響

数の暗黙知、ドラゴン桜2の仙人に対するツイッターの反響をチェックしました。

数の暗黙知の考え方について共感する声が多く見られます。

一部抜粋して紹介していきますね。

数の暗黙知の話、確かに因数分解とか慣れてきたら考えるより先にペンが動いてること多いもんなあ。
数の暗黙知その通りですね。この感覚が進化すると、大学入試レベルでも「答はこのぐらいかな」と感じるようになりますね。

このように、実際の経験に基づいて共感している声が多数ありました。

投資でも同じことが言える気がします。考えずに買い場と売り場が感覚として身についていますね。
数字を見ただけで自然と計算できてしまう「数の暗黙知」これってコーディングでも当てはまる気がします!

また、数学や計算という分野以外にも数の暗黙知と同じようなことが言えると感じた人もいるようです。

以上のように、数学の分野やそれ以外の分野でも数の暗黙知は共感を得られる考え方だと判明しましたね。

最後に、ドラゴン桜2の仙人『数の暗黙知とは』についてまとめていきます。

数の暗黙知とドラゴン桜の仙人まとめ

数の暗黙知とドラゴン桜の仙人についてのまとめです。

  • 数の暗黙知は原作漫画に登場する言葉
  • 数の感覚を身につける考え方
  • 数の暗黙知に対して共感する声が多い

ドラゴン桜2で登場した仙人と呼ばれる数学教師が説いた『数の暗黙知』は、数学以外の分野でも共感を生むものでした。

ドラゴン桜2で登場する実践的な学習法や考え方を試してみるのもいいですね。

コメントを残す

CAPTCHA