ドラゴン桜2タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた想いを調査!

ドラゴン桜2タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた想いを調査!

タイトルの意味は、学校の名前と合格を意味する言葉でした。

果たして、本当にそれだけの意味なのでしょうか?

タイトルに隠された意味や込められた想いについて推考していきます。

>>脚本家、監督が半沢直樹を手掛けていたことで話題になっています♪

この記事から分かること
  • ドラゴン桜2のタイトルの意味
  • ドラゴン桜2ドラマ名に込められた想い
  • ドラゴン桜2の意味に対するツイッターの反応

ドラゴン桜2タイトルの意味とは?

ドラゴン桜2タイトルの意味とは?

ドラゴン桜2タイトルの意味とは?

ドラゴン桜というタイトルは、舞台となる龍海学園の「龍」と合格の象徴である「サクラサク」を組み合わせた言葉を意味しています。

作中では、主人公である桜木健二が校庭に桜を植え、これを東大合格への道しるべとし、高校の名前の龍と合わせて「ドラゴン桜」と名付けています。

龍海学園の生徒たちこそが龍であり、その龍が咲かせる桜というようにも取れますね。

また、率いる桜木健二の姿もまた力強い龍のイメージと重なり、単に学校の名前から取っただけという感じはしないのですが、皆さんはどう感じますか?

以上、ドラゴン桜2の意味とは?でした。

続いて、ドラゴン桜2のタイトルの意味やドラマ名に込められた思いを探っていきます。

ドラゴン桜2タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた想い

ドラゴン桜2タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた思い

ドラゴン桜2というタイトルの意味や、ドラマ名に込められた想いについて推考したいと思います。

龍が象徴するものは、出世、努力、上昇。

一方桜は、春、合格、入学などを象徴し、どちらも喜ばしい物事や状況を示す言葉です。

言葉の意味から考えると、龍海学園の生徒たちが、天高く上る龍の如く東大合格に向けて切磋琢磨し、見事合格する、というイメージを連想するのですが、これはあくまでも私見です。

天高く上る龍、満開の桜は生徒たち自身であり、率いる桜木健二もまた龍である。

そして、天高く上る龍を誇らしく見上げる桜もまた桜木健二の姿であり、龍と桜は登場人物の象徴でもあるのではないでしょうか。

龍も桜も縁起が良いことの象徴ですから、明るい希望を感じられるドラマ名ですよね。

以上、ドラゴン桜2というタイトルの意味や、ドラマに込められた想いについての推考でした。

それでは、ドラゴン桜2、タイトルの意味とは:ツイッターの反応について見ていきましょう。

ドラゴン桜2タイトルの意味とは:ツイッターの反応

ドラゴン桜2タイトルの意味とは:ツイッターの反応

ドラゴン桜2タイトルの意味とは:ツイッターの反応はどうでしょうか。

ドラゴン桜のタイトルの由来って何?
タイトルからは内容が想像できないね。
龍の桜だったら任侠ドラマと勘違いしそう。
ドラゴンって響きがカッコイイね!
なんか、絶対負けない最強無双みたいなイメージ。
桜木健二自身が龍みたいに強そうじゃない?

既に内容は知っていても、ドラゴン桜というタイトルと東大入試が結びつかないという意見が目立っていました。

また、タイトルそのものに力強いイメージを持っている人が多いようです。

以上、ドラゴン桜2タイトルの意味とは:ツイッターの反応でした。

最後に、ドラゴン桜2タイトルの意味やドラマ名に込められた思いについてまとめます。

ドラゴン桜2タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた想いまとめ

ドラゴン桜2タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた思いまとめ

ドラゴン桜2タイトルの意味や、ドラマ名に込められた想いをまとめます。

  • 高校の名前からドラゴン、合格の象徴としての桜を組み合わせたタイトルである。
  • 天に上る龍のように高見を目指し、東大合格という桜の花を咲かせるという意味が込められている。

誰もが持つ可能性を諦めないで欲しい。

そんなメッセージが込められているのかもしれませんね。

以上、ドラゴン桜2タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた想いのまとめでした。

コメントを残す