エレスリムレギンスは痛い?

つま先や足先,かかとがキツくない!?

着圧靴下やタイツでよく聞く、痛い箇所はないんでしょうか?

着圧タイツを使用している方の中には、つま先や足先、かかとが痛くてハサミでカットして使用している方もいるそうです。

実際、私もタイツタイプで痛くなってハサミで切ったら、変にちんちくりんになってしまい服で見えないようにしないと使えないものに…

エレスリムレギンスは、どうなのか調べてみました。

エレスリムレギンスは痛い?

エレスリムレギンスは、痛いという噂は見つかりませんでした。

エレスリムレギンスは、元々締め付けがきつすぎない設計なのと、9分丈で足首までの長さなので痛いというより、日常に使いやすいというお声が多かったです。

エレスリムレギンスはつま先や足先,かかとはキツくない

エレスリムレギンスはつま先や足先,かかとはキツくないのか。

9分丈のエレスリムレギンスは、つま先や足先が圧迫されていたくなることがなく快適に履きやすい着圧レギンスです。

つま先が痛くなってしまうと、痛みを和らげようとかかとやふくらはぎに負担がかかってしまい姿勢も悪くなるので、むくみが悪化することも。

たいてい、タイツ代わりに履いているので脱ぐことも出来ずつらいんですよね。

なぜタイツタイプが多いのかなと思ったんですが、着圧がキツイタイプだとタイツじゃないとまくれ上がってきちゃうからかなと…。

エレスリムレギンスは足首まではしっかりサポートしながらも特殊な生地で着圧がきつすぎないので、歩いているときに上にまくれ上がってきてしまうことがないから、レギンスなのかもしれませんね♪

エレスリムレギンスが痛い原因

エレスリムレギンス以外の着圧レギンスが、痛くなる原因ってそもそも何なのでしょうか?

かかとやつま先といった末端が特に痛くなってしまうメカニズムを、分かりやすくご紹介します。

痛い原因は締め付けすぎているから

痛い原因は締め付けすぎているからだと考えます。

エレスリムレギンスは、部位ごとに適度な加圧がかかるように設計されています。

なので履いていても、しんどくない、つらくないというお声が多いんですよね。

着圧タイツの多くは、きついほうが効いているイメージが強くありますよね。

そのためワンサイズ小さいものを使用する方もいるようです。

そうなると、足先やかかとだけではなく体のリンパや血液の循環が押さえつけられすぎてしまう状態に。

特に、骨盤、膝裏、足首といったポイントがホースを踏まれたような状態になってしまっていると、時間が経てば経つほどかかとやつま先の血流が悪くなり、しびれや痛みが出てきてしまいます。

エレスリムレギンスは無駄な着圧がない

エレスリムレギンスは、着圧が部位毎に変えてあることや生地の伸縮性が高い生地を使用していることから、劣化にも強い生地なので、洗濯しても着圧が変わらないんです。

エレスリムレギンスは無理な着圧がないので痛みが起こりにくいんですね。

エレスリムレギンスが痛いまとめ

エレスリムレギンスは痛い?

つま先や足先、かかとはキツくないかについてまとめます。

エレスリムレギンスで、つま先や足先、かかとが痛くなることはほぼないとわかりました!

痛みがあったとしたら、履くときに一か所に寄ってしまっているのでしょう。

エレスリムレギンスは、強い着圧感がない特殊な生地設計の着圧レギンスなので、痛みが起こりにくいと分かりました。

痛いと嫌になって履くのをやめてしまいがちですが、痛みが起こらなければ継続もしやすいですね!

コメントを残す

CAPTCHA