今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判

今ここにある危機とぼくの好感度について、つまらないや面白くないの評価や評判とは?

本作がつまらないとの評価はあるのか、その真偽に迫ります。

面白くないとの評判は一体何が原因かも調べてみました。

今ここにある危機とぼくの好感度についてに対するリアルな評価をツイッターから一部紹介します。

>>主題歌、エンディング曲が話題になっています!

この記事でわかること
  • ここぼくがつまらないという噂の真相
  • ここぼくが面白くない評判の理由
  • ここぼくに対するツイッターの反応

今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判は嘘?

今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判は嘘?

今ここにある危機とぼくの好感度についてがつまらない、面白くないの評価や評判は嘘?

本作は、主演の松坂桃李扮する真がアナウンサーから大学の広報に転身したことで、大学内の不祥事に直面する作品です。

事勿れ主義の真は大学の不正や疑惑も広報として何とかごまかそうとするも、やがて大きな闇に巻き込まれていきます。

真が広報として採用されたのは誰かの思惑があったのか、そして、大きな闇とは何なのか気になりますね。

そんな本作の脚本を手掛けたのは、連続テレビ小説『カーネーション』の脚本も務めた渡辺あやです。

俳優陣や脚本から見ても期待が高まるドラマですが、つまらない、面白くないという評価、評判はあるのでしょうか?

続いて、今ここにある危機とぼくの好感度についてがつまらない、面白くないの評価や評判の理由と原因を調査しました。

今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判の理由と原因

今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判の理由と原因

今ここにある危機とぼくの好感度についてがつまらない、面白くない評価評判の理由と原因を見ていきます。

放送前のため、視聴後の評価や評判はまだありませんでした。

そこで、今ここにある危機とぼくの好感度についてがつまらないと評価されてしまう理由について推考しました。

それは、不正や疑惑を扱うブラックコメディを苦手とする人の声ではないでしょうか。

本作で登場する数々の不祥事は『研究不正疑惑』『学内のテロ予告』と様々。

そして、大学理事達はそんな不祥事を何とかもみ消そうとする人ばかりです。

そんな不祥事の対応に追われる真のその場しのぎの問答が作品の見所ですが、このブラックな内容が素直に楽しめないという人もいるでしょう。

以上のことから、ドラマを見るときくらいは明るい作品を見たいという方やブラックな笑いが苦手な人にとってつまらないと感じてしまうと考えました。

次に、今ここにある危機とぼくの好感度についてがつまらない、面白くない評価評判に関するツイッターの声を確認しましょう。

今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判:ツイッター

今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判:ツイッター

今ここにある危機とぼくの好感度についてがつまらない、面白くない評価や評判。

ツイッターには、放送前から期待する声が多く見られました。

真と大学教授達の絡みが楽しみだー。
キャッチコピーと写真から面白さが伝わってくる。
脚本家さん的にこのドラマ絶対面白い。
おじさまに翻弄される面白い作品になりそう。

脚本家渡辺あやのオリジナル脚本ということもあり、面白くない訳が無いと断言する声もありました。

また、不正を隠そうとする大学教授には、数々のバイプレイヤーの俳優陣が務めていることも話題になっています。

そんな期待高まる俳優陣で繰り広げられる掛け合いからも目が離せませんね。

最後に、今ここにある危機とぼくの好感度についてがつまらない、面白くないの評価や評判のまとめに入ります。

今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判まとめ

今ここにある危機とぼくの好感度についてつまらない面白くない評価評判まとめ

今ここにある危機とぼくの好感度についてがつまらない、面白くないの評価や評判のまとめです。

  • つまらないの評価は放送前のため不明
  • 面白くない評判はブラックなテーマを扱う為
  • ツイッターでは作品への期待の声が多い

今ここにある危機とぼくの好感度についてでは、ブラックなテーマを扱う為万人受けはしないようです。

しかし、現代の社会が抱える問題を投影されたメッセージが込められた作品になるでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA