今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ元ネタは小説漫画?

今ここにある危機とぼくの好感度についての原作ネタバレ、元ネタは小説や漫画なの?

今ここにある危機とぼくの好感度についてのネタバレとなる元ネタの漫画、もしくは小説の有無を調査。

似ている作品は、架空の職業を題材とした映画作品でした。

また、似ている作品の視聴方法も合わせて紹介します。

>>主題歌、エンディング曲が話題になっています!

この記事でわかること
  • ここぼくの元ネタ、原作ネタバレ
  • ここぼくと似ている作品
  • ここぼく似ている作品の視聴方法

今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ,元ネタは小説漫画?

今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ,元ネタは小説漫画?

今ここにある危機とぼくの好感度についての原作ネタバレ、元ネタは小説や漫画なのか?

本作は、脚本家の渡辺あやによるオリジナル作品ということが判明しています。

渡辺あやは『カーネーション』や『ジョゼと虎と魚たち』の脚本を書き上げた人物です。

ジョゼと虎と魚たち』は実写映画化に加え、2020年には劇場アニメとしても公開されています。

そんな渡辺あやが脚本を手掛けた本作は、大学で次々と起こる不祥事の対応に追われる元アナウンサーで大学広報マンの真が主人公の物語です。

真お得意の差し障りの無い発言によって、大学の不祥事に対する批評を躱していきますが、大きな闇に次第に飲み込まれていきます。

このように一風変わった作風の本作は元ネタの小説や漫画は存在せず、渡辺あやが手掛けたオリジナル作品でした。

そんな、本作に似ている作品はあるのでしょうか?

続いて、今ここにある危機とぼくの好感度についての原作ネタバレや似ている作品の有無を調査します。

今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ似ている作品

今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ似ている作品

今ここにある危機とぼくの好感度について、原作のネタバレや似ている作品を調べてみました。

それは『謝罪の王様』です。

この作品は、あらゆる問題を依頼者に代わって謝罪することで解決するという『謝罪師』が様々な問題を解決していくコメディ映画です。

謝罪師に立ちはだかる問題には『ヤクザの車との接触事故』から『ある国との国際問題』まで多岐にわたります。

本作と比べてよりコメディ色の強い作品ですが、誰かの代わりに謝罪、弁明をするという構図は似ていますよね。

『謝罪の王様』では、一見すると何の関連性もないと思われた事件が、実は繋がりがあったという展開を迎えます。

本作でも、大学の不祥事の裏に何か大きな闇が潜んでいると匂わせていましたよね。

以上のことから『謝罪の王様』は本作と多少共通する部分があると言えます。

続いて、今ここにある危機とぼくの好感度についての原作ネタバレや似ている作品の視聴方法を確認しましょう。

今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ似ている作品の視聴方法!

今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ似ている作品の視聴方法!

今ここにある危機とぼくの好感度についての原作ネタバレや似ている作品の視聴方法!

『謝罪の王様』は、現在複数のビデオ配信サービスにて視聴可能です。

配信対応サービスはこちらです。

サービス名配信状況
Netflix見放題
Hulu見放題
music.jpレンタル
dTVレンタル
TELASAレンタル

以上の5つのビデオ配信サービスで視聴できることがわかりました。

これを機に『謝罪の王様』ではどんな事件があったのか、そして、その対処法について比べながら見るのも面白そうですね。

最後に、今ここにある危機とぼくの好感度について、原作ネタバレや元ネタは小説、漫画のまとめに移ります。

今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ元ネタは小説漫画まとめ

今ここにある危機とぼくの好感度について原作ネタバレ元ネタは小説漫画まとめ

今ここにある危機とぼくの好感度について、原作ネタバレや元ネタは小説、漫画のまとめです。

  • 原作や元ネタ無しのオリジナル
  • 似ている作品は謝罪の王様
  • 謝罪の王様は5つのサービスで視聴可能

今ここにある危機とぼくの好感度についてはネタバレになる原作の漫画や元ネタの小説はなく、渡辺あやによるオリジナル脚本でした。

本作ではどんな不祥事が発生し、どう対処していくのかが見所となっていますよ。

コメントを残す