君と世界が終わる日に,5話ネタバレ感想あらすじ『等々力の残酷な嘘』

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ!

感想とあらすじを大調査。

駐屯地で再会した等々力が来美に告げた残酷な嘘とは?

薬を探す響とミンジュンの元に現れた狛江、自身を紹子の旦那であると告げるも彼には秘密があったのです。

そして、異常な状況の中で少しずつ変化を見せる響の中の正義とは。

この記事でわかること
  • 君と世界が終わる日に、5話あらすじ
  • 君と世界が終わる日に、5話ネタバレ
  • 君と世界が終わる日に、5話感想

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ前にあらすじ

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ前にあらすじをお伝えしましょう。

喘息持ちの結月の薬を入手するため、横須賀内の病院に薬を見つけに行く響たち。

なぜか病院内の薬は何者かによって、全て回収され尽くされていました。

佳奈恵たちは安全な停泊船にて待機、ミンジュンと響の二人で薬を探しに向かいます。

その道中で、封鎖ゲートの向こう側から三浦半島の様子を取材に訪れた者たちと遭遇。

遭遇した人の中には、紹子の旦那である狛江の姿もあり、響は狛江に紹子の在り処を教えます。

一方、横須賀の駐屯地では、来美が医療従事者として怪我をした人の治療を施していました。

そして、駐屯地内で自衛隊に変装し紛れ込む等々力と再会を果たします。

等々力は来美を「助けに来た」といいますが、救護の依頼が入り遮られてしまいます。

別れ際、来美は響の安否について尋ねますが、等々力は「響は死んだ」と残酷な嘘をつくのでした。

>>公式サイト「君と世界が終わる日に」の5話あらすじを見てみる。

次に君と世界が終わる日に、5話のネタバレを調査しました。

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ

君と世界が終わる日に、5話のネタバレを解説します。

君と世界が終わる日に、5話ではインパクトに残るシーンや胸を抉る展開が盛り沢山だったので、それぞれ気になるポイントをネタバレします。

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ①:来美の償い

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ1つ目は、来美の償いです。

来美は、事態収束のためにゴーレムへの抗体を有する自分の身を被験体として捧げることで、罪を償うことを誓います。

それでは、来美自らが被験体に使ってくれと望むに至った経緯を辿っていきます。

等々力の「響はこの世にはもういない」との嘘を鵜呑みにした来美。

自らの命を絶とうとしますが、自衛隊の隊員によって引き止められます。

自衛隊に保護され来美は首藤のもとに連れてこられ、来未が医師の仕事を放棄したせいで犠牲が生まれたと告げます。

その犠牲とは、負傷の処置が遅れゴーレムに変わった自衛隊員とゴーレムの襲撃に遭い負傷した愛奈の事です。

ゴーレムに変わった愛奈を直視した来美は「自分をいっそ殺してくれ」と首藤に頼みます。

首藤は来美に「自分だけきれいに死ぬのは許されない」といい、医療のために身を捧げるのが償いになるといいます。

そして、自分の遺伝子がワクチンの生成に役立つと知った来美は、被験体に使ってくれと自ら望むのです。

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ2つ目では、狛江と紹子の関係に触れます。

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ②:狛江と紹子の関係

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ2つ目は、狛江と紹子の関係です。

実は、狛江と紹子は、1年前に離婚した元夫婦の関係でした。

在り処を聞きつけた元夫狛江との予期せぬ遭遇に、紹子はどこか釈然としない表情を浮かべます。

狛江との離婚は、狛江のDVが理由だったからでした。

響たちが薬の調達から船に帰還すると、ゴーレムに噛まれ横たわる狛江の姿がありました。

紹子は狛江をゴーレムのいる船へと誘い出し、狛江の殺害を計画したと告げます。

横浜に着いたら、警察に犯人である自分を突き出すように懇願しました。

しかし、事件は結月の犯行だったとの事実が、結月自身の口から語られます。

響はこの事実を受け止め、仲間たちに「この件は黙認してくれ」と求めるのです。

自分が責任を全て背負うといい、響は狛江のいる船に戻ります。

縄を持った響の様子を見て抵抗するべく、狛江はナイフを持ち響に斬りかかりました。

響は、まだゴーレムに成り果てる前の狛江を押さえつけ殺害したのです。

狛江と紹子は離婚していた元夫婦の関係だったのですね。

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ3つ目では姉ジアンからの告白をお伝えしましょう。

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ③:姉ジアンからの告白

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ3つ目は、姉ジアンからの激白です。

ジアンから、響は首藤の障壁になる存在だと告げられます。

これは、病院に薬を入手しに向かうミンジュンとジアンが再会した時に告げられました。

病院から薬の回収を行っていたのは、ジアン率いる自衛隊。

偶然にも同じ病院に訪れていたミンジュンとジアンはそこで再会を果たしたのです。

ジアンがミンジュンに横浜へ逃げるよう説得すると、ミンジュンはジアンも一緒に行こうといいます。

「一緒には行けない」と弟のミンジュンに向けて引き金を引こうとするジアン。

そこに姿を現した響がなぜ自分を狙うのかと尋ねると、首藤教授にとっての障壁になると銃口を突き付けられてしまいます。

ミンジュンは仲間に突き付けられたピストルを足で払い除け、姉ジアンの元を去りました。

やっと、再会した兄弟が対立関係になるこの場面では、胸が痛くなった方もいたことでしょう。

首藤の計画は本当に正しいのか、ジアンは騙され利用されているなんて裏事情もありえそうですよね。

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ4つ目では、響の決断を見ていきます。

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ④:響の決断

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ4つ目は、響の決断です。

これは、横須賀の駐屯地へ再度向かうことでした。

停泊船から立ち去った一行は、封鎖ゲートにようやくたどり着きます。

そして、封鎖ゲートの向こうに大勢の人影を見つけ、安堵の表情を浮かべ思わず手を振る一行。

しかし、そこにいたのは大勢のゴーレムの姿でした。

唯一の頼みの綱だった、安全が保証された封鎖ゲートの向こう側の世界。

すっかり変わった現実を直視した響たちは、途方に暮れます。

畳み掛けるように結月の喘息が始まり、響は「この世界で生き延びるしか術はない」と覚悟を決め、もう一度横須賀の駐屯地へ向かう決心をします。

5話では、ゴーレムの襲撃に遭う自衛隊員を見殺しにし、狛江の命を奪うなど今までの響では考え難い行動が見られましたね。

続いて、君と世界が終わる日に、5話のネタバレ感想を調査しました。

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ感想

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ感想は、響の価値観や正義感が、ゴーレムのいる世界でのサバイバルに身を投じたことで変わりつつあるといった感想が多いようでした。

視聴者の感想をTwitterで調査したので一部をお伝えしましょう。

5話は辛いシーンが多くて胸が締め付けられた。
ダークな展開にゾクゾクしました!
響が状況に同化して変わっていくのが辛い。
響の中で何を守るべきかの考え方が変わってきてるのかもな。

上記の項目でも取り上げましたが、辛いシーンやダークな展開は、狛江の殺害場面やミンジュンとジアンの決別の場面を思い浮かべますよね。

今までの響は、とにかく出会った人すべてを助けることを優先し、そのためには危険をも顧みない人物として描かれていました。

確かに響は優しすぎるというか、何かを切り捨てなければいけないサバイバルには向いていないと言えますよね。

そして、今回は、響を通して、異常な状況に置かれた人間の狂気的な部分が見事に描かれていたように思います。

最後に君と世界が終わる日に、5話のネタバレ感想とあらすじをまとめます。

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ感想あらすじまとめ

君と世界が終わる日に,5話ネタバレ感想あらすじまとめ

君と世界が終わる日に、5話のネタバレ、感想とあらすじをまとめました。

  • あらすじは響と来美がそれぞれ下した決断
  • ネタバレは変わりつつある響の中の正義
  • 環境に染まっていく響に驚いたといった感想

どんな人も助けていた響が狛江を殺害する行為から、何を守るべきなのか価値観が変わりつつある姿が見事に描かれた5話でした。

6話から新章へ突入する君と世界が終わる日に、今後彼らがどんな選択をするのか注目ですね。

コメントを残す