君と世界が終わる日に9話ネタバレ感想あらすじ『ワクチンの正体』

君と世界が終わる日に、9話のネタバレ!

感想とあらすじを調査しました。

響に射抜かれた来美は一命を取り留めたのか?

ワクチンを接種した避難民に異常がみられる中、ワクチンの中身が首藤によって明かされます。

紹子の治療薬入手の為、駐屯地との取引を図る響たちですが、来美が驚愕の行動に!?

この記事でわかること
  • 君と世界が終わる日に、9話のあらすじ
  • 君と世界が終わる日に、9話のネタバレ
  • 君と世界が終わる日に、9話の感想

君と世界が終わる日に9話ネタバレ前にあらすじ

君と世界が終わる日に、9話ネタバレ前にあらすじをおさらいしておきましょう。

来美を狙撃してしまった事実を受け入れられず、うろたえる響。

来美の容体を診た御前崎が「ここでは処置不可能だ」と判断し、直ぐにジアンの元へ連れて行くように自衛隊に指示しました。

ジアンの治療と驚異的な回復力により、来美は目を覚まします。

響が生存していたことを知った来美は首藤を問い詰めますが、首藤は「やるべき仕事があるだろう」と言い去って行きました。

その頃、桑田は自衛隊や駐屯地にうず巻く疑念を独自で調べ進めます。

そして、本郷の銃殺事件に首藤の関与があった事実を突き止めました。

しかし、その光景を目撃した首藤によって拘束命令が下され、自衛隊から逃れるため猿ノ島に行き着きます。

>>公式サイト『君と世界が終わる日に』9話のあらすじをみてみる。

次は、君と世界が終わる日に、9話のネタバレを解説します。

君と世界が終わる日に9話ネタバレ

君と世界が終わる日に、9話のネタバレを一挙大公開。

本編をみた上で、注目したい箇所や重要な要素が隠された箇所をいくつか取り上げて、ネタバレを解説しますね。

君と世界が終わる日に、9話を振り返ります。

君と世界が終わる日に9話ネタバレ①:駐屯地との交渉

君と世界が終わる日に、9話のネタバレ1つ目は、駐屯地との取引です。

抗生剤と鎮痛剤、そして、来美奪還を目指し、響たちは駐屯地と交渉を行います。

猿ノ島では、勝利に射撃された紹子の容体が悪化。

紹子を治療するには、抗生剤と鎮痛剤の入手が必要不可欠です。

ミンジュンの事例もあり、作戦も無しに再度駐屯地へ行くことは不可能だと考える一行。

切り出したのは勝利で、紹子を撃ち抜いた自責の念から「自分を人質に交渉するのはどうか」と作戦を提案します。

勝利はここで初めて「紹子を狙撃したこと」「妹がゴーレムに変わったのは来美のせいと責め立てたこと」の2つの罪を懺悔しました。

そして、響に来美を助け出して欲しいと頼みます。

勝利の提案を呑み、響は駐屯地にいる来美に抗生剤、鎮痛剤を条件に勝利を引き渡すと取引を持ちかけました。

君と世界が終わる日に、9話のネタバレ2つ目は、ワクチンの正体を解説します。

君と世界が終わる日に9話ネタバレ②:ワクチンの正体

君と世界が終わる日に、9話のネタバレ2つ目は、ワクチンの正体です。

それは、人を操るための道具です。

響との無線を終えた来美の元に、研究員の葛島から「ワクチンを投与された避難民の容体を診てほしい」と召集がかかります。

避難民は、ワクチンを投与されてから発熱の症状が発現していました。

葛島は首藤にこの症状はワクチンの副作用だと説明を受けますが、異常を覚え来美を呼んだのです。

避難民の目は充血しており、来美は首藤への不信感を高めます。

来美にワクチンの真実を尋ねられた首藤は、徐にゴーレムウイルスの事を語り出しました。

ゴーレムは『操り人形』という意味を含んでいること、そして、ワクチンを餌に人々を飼い慣らし、研究材料にしようと企んでいたのです。

研究には冷凍保存装置の内容が深く関係しており、その内容は来美だけに明かされます。

君と世界が終わる日に、9話のネタバレ3つ目では、受け継がれるミンジュンの意思を解説します。

君と世界が終わる日に9話ネタバレ③:受け継がれるミンジュンの意思

君と世界が終わる日に、9話ネタバレ3つ目は、受け継がれるミンジュンの意思です。

来美を許せない佳奈恵ですが、ミンジュンの生前の想いを響に伝えます。

その想いとは「響と来美の和解を望む」です。

ミンジュンは死ぬ間際「来美に足を刺されたことを響に教えないで」と佳奈恵に頼んでいました。

それが「友達である響を悩ませまい」と気遣ったミンジュンの優しさの現れだと佳奈恵は気づき、来美救出に対して葛藤する響に伝えます。

佳奈恵は、来美がミンジュンを奇襲したことは許せないが、ミンジュンなら「響と来美が和解する」のを望むだろうと言います。

また、甲本も来美を許せずにいましたが「ミンジュンならどうしただろうか」と亡き仲間に想いを馳せました。

人間同士の憎悪が増す中で、ミンジュンの優しさを受け継いだ姿がみられました。

君と世界が終わる日に、9話ネタバレ4つ目では、来美に真実を明かす首藤の狙いを探ります。

君と世界が終わる日に9話ネタバレ④:来美に真実を明かす首藤の狙い

君と世界が終わる日に、9話ネタバレ4つ目は、来美に真実を明かす首藤の狙いです。

それは、これまでの研究を水の泡にした響に復讐する狙いがありました。

ワクチンを接種した避難民の症状から不信感を抱いた来美が、ジアンの元を尋ねます。

ジアンは、首藤が響への復讐心を滾らせていることや冷凍保存装置の内容についての推測を来美に告げます。

その後、来美が首藤に冷凍保存装置の内容を尋ねると、来美にだけはその真相を伝えました。

このことから首藤は、来美を響への復讐を果たすための道具として利用したと考えられます。

「一緒に帰ろう」という言葉を受け入れず、来美が響に拳銃の引き金を引いたのは、すでに首藤の洗脳済みだったと推測します。

来美を操り人形にできたのは、冷凍保存装置の内容が深く関係してくるでしょう。

続いて、君と世界が終わる日に、9話のネタバレと感想を取り上げます。

君と世界が終わる日に9話ネタバレ感想

君と世界が終わる日に、9話のネタバレと感想は、来美に発砲された響の安否を心配する声が多いようです。

響は本当に撃たれちゃったのかな?
来美なりの理由があった上での行動なのかな。
来美は洗脳されたか、操られたのかな。
ゴーレムがいたのか、別の誰かに向けて撃った可能性もありそう。

2話連続で誰かが撃たれるという予測不可能な終わり方をした為、多くの視聴者が注目したようです。

この場面での来美の行動は、首藤に嵌められたと考える人やゴーレムが近くに迫っていたなどと推理する意見が多く、この演出自体がミスリードだとも推理できます。

最後に君と世界が終わる日に、9話のネタバレ、感想とあらすじのまとめに入ります。

君と世界が終わる日に9話ネタバレ感想あらすじまとめ

君と世界が終わる日に9話ネタバレ感想あらすじまとめ

君と世界が終わる日に、9話のネタバレ、感想とあらすじのまとめです。

  • あらすじは桑田の猿ノ島への逃亡
  • ネタバレは駐屯地への交渉と来美奪還作戦
  • 感想は来美が発砲した真相の考察

9話は桑田が首藤の異常さに気がつき、響と共闘するなど進展がありました。

ミンジュンの想いを受け継ぎ、来美奪還のため一丸となる場面は胸が熱くなりますね。

次回、君と世界が終わる日に、最終話を迎えseason2にどう展開していくのでしょうね。

コメントを残す