メガソーラーの亀裂

熱海市土砂崩れで話題になっているメガソーラー。そのメガソーラーの隣に亀裂が入っていることが報道されています。

動画撮影中に実況アナウンサーも絶句している様子。あまりにも長くて、大きい亀裂ですから、安易に放送できなかったのではないでしょうか。もしくは、急に口止めされた可能性もあります。

不自然な状況が波紋を呼んでいます。

メガソーラー隣の亀裂画像

メガソーラーの亀裂1
メガソーラーの亀裂1

メガソーラー隣の亀裂画像です。電柱が立ち並んでいるメガソーラーの隣に、どす黒い線が入っているのがわかりますでしょうか。

かなり距離があるヘリコプターから取られている写真でも、くっきり亀裂が確認できています。現地では想定以上の亀裂ですね。

メガソーラーの亀裂2
メガソーラーの亀裂2

ただこの亀裂は、熱海市土砂崩れ前にもあったようで、メガソーラーが犯人だ!という説に関して言えば、100%ではないでしょう。(間接的な原因はあるでしょうが)

メガソーラーの亀裂3
メガソーラーの亀裂3

こちらのGoogle Earthは、2020年の写真です。少し分かりにくいですが、黒い線は確かに存在はしていますね。

メガソーラー隣の亀裂動画

メガソーラー隣の亀裂動画です。何十にも連なるソーラーパネルの隣には、画像よりはっきりと映る黒い亀裂が目に入ります。

動画で見るポイントは、4つです。時間別に簡単に紹介するとこんな感じです。

11:28メガソーラー横の亀裂が映る
11:48アナウンサーの実況を何かで遮られる
11:50「ごめんなさい」と言って無言になる
12:10別の話になる

11:10辺りからのアナウンサーのコメントは、こちらです。

この辺りに盛土があったということですが、この辺り大きく削り取られています。土石流の起点です。

茶色やベージュ色。そして、こげ茶色といった様々な色があります。

そして、左側にはソーラーパネルの列が見えます。沢山のソーラーパネルが設置されています。

やや電柱が傾いているようにも見えます。

あ、ごめんなさい、大丈夫です。

これって 一本だけなんでしたっけ?

アナウンサーの実況

何十メートルあるのでしょうか。アナウンサーは電柱の傾きを指摘した後、絶句したのでしょうか。実況を停止しました。

そして、不自然な展開で実況が終わっているのは明らかです。

メガソーラーが直接的な原因ではなかったとしても、次の災害に備えるために、この亀裂は放置しておいてはいけない。こんな亀裂を見てしまったら、住民は不安で夜も寝れないのではないでしょうか。

メガソーラー隣の亀裂にコメントしないアナウンサー

メガソーラー隣の亀裂にコメントしないアナウンサー。謎です。

こんな大きな亀裂が目に入れば、実況に「亀裂」の話を入れても良いのではないでしょうか。上からの圧力?報道規制?

いずれにせよこの動画を見た人は、アナウンサーの実況よりも動画に目がいったに違いありません。

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    この作業道のひび割れが長期間放置されていたのなら、その方が非常に問題です。

    ソーラーパネルの下に防草シートが張られていますね、その周りを作業道が囲んでから谷への斜面になっています。
    パネルも防草シートも吸水しないので雨水は作業道に流れます、作業道の周りには排水用の側溝が囲ってるはずですので、
    側溝に流れ込めば水は適切に排水されてると思われます。(そう願いたい)
    ですが、この作業道のひび割れが長期間放置されていたとすれば、そこから大量の水が地中に吸収される事になります。

    ひび割れが発生しているという事は、地盤がずれている事です。
    多分谷に向かってかなりズレており地中の水脈を形成します、水は土の細かな粒子を巻き込みながら泥水となって山腹の何処から噴出し谷に汚泥を堆積させます。また地滑りの大きな原因になります。

    この粒子の細かい堆積汚泥は非常に厄介なもので、普段は結構固く凝固してるのですが、水分と振動で液状化します。
    これが谷底を覆っていたら、降雨時には液状化しグリスの役目を果たしますので土石流を発生・増強させる可能性もあると思います。

    今回の件と全く無関係とは思えませんね、少なくとも土石流を増大させ、下流へ導いた可能性はあると思います。
    行政は現場の証拠保全措置を実施すべきと思います。

コメントを残す

CAPTCHA