ネメシス原作ネタバレは小説?元ネタとドラマの違いは最後の結末だけか

ネメシス小説は大人気ミステリ作家の書き下ろし?

ドラマと小説の違いはラストだけ?

ドラマが始まる前から話題を読んでいる、ネメシス。

原作小説とドラマの違いをお伝えします。

この記事を読んでわかること

  • ネメシス小説のネタバレ結末
  • ネメシスドラマと原作の違い
  • 原作小説は読むべきか

ネメシス原作ネタバレ:小説

ネメシス原作ネタバレ:小説について調査しました。

ネメシス小説について、講談社が小説家達と一緒にドラマの作成メンバーとして参加しており、講談社自体は原作の提供をしていません。

この作品は人気ミステリ作家×講談社×日テレ新ドラマのコラボ作品のようです。

『屍人荘の殺人』の今村昌弘や『今からあなたを脅迫します』の藤石波矢、『眼球堂の殺人』周木律など名だたるミステリ作家が脚本協力として、ドラマ制作に参加。

彼らが、小説版として書き下ろしたと言う流れになります。

各巻で作者が異なるのも、今回のコラボならではですね!

超豪華俳優陣で放送される大型連続ドラとミステリ小説界の奇蹟のコラボから目が離せない!

続いて、ネメシス原作ネタバレ結末は小説とドラマで異なるのか見ていきましょう。

ネメシス原作ネタバレ結末は小説とドラマで違いがある?

ネメシス原作ネタバレ結末は小説とドラマで違いがあるのか調査してみました。

また、小説にはスピンオフストーリーもあるので、よりネメシスの世界感が楽しめそうです!

ネメシス1巻 今村 昌弘(「屍人荘の殺人」) 脚本協力:第一話、第三話
ネメシス2巻 藤石波矢(「今からあなたを脅迫します」) 脚本協力:第二話+スピンオフストーリー
ネメシス3巻 周木 律(「眼球堂の殺人」)

脚本協力:第四話+スピンオフストーリー

ネメシス4巻 降田 天(「女王はかえらない」) 脚本協力:第五話+スピンオフストーリー
ネメシス5巻 藤石 波矢 脚本協⼒:第六話+スピンオフストーリー
ネメシス6巻

青崎 有吾(「体育館の殺人」)/松澤 くれは(「星と脚光」)

脚本協力:第七話/スピンオフストーリー

それぞれ人気ミステリ作家さんですから、それぞれドラマにも小説にも違った仕掛けがありそうですね。

ネメシス原作ネタバレ結末を元ネタの小説を確認していきます。

ネメシス原作ネタバレ結末を元ネタの小説で確認してみる!

ネメシス原作ネタバレ結末を元ネタの小説を調査してみました。

ネメシスⅠ、ネメシスⅡは3月12日刊行されています。

また重版も決定しており、4月刊行木律さん『ネメシスⅢ9』と合わせて、15万部を突破するほど人気なようです。

また、小説を読んだ人からは「かなり面白い」「ドラマも楽しみ」というコメントがあるほど。ドラマが始まる前に、小説を読んでいる方もかなり多そう!

ネメシス原作ネタバレは小説?元ネタとドラマの違いは最後の結末まとめです。

ネメシス原作ネタバレは小説?元ネタとドラマの違いは最後の結末まとめ

ネメシス原作ネタバレは小説?元ネタとドラマの違いは最後の結末まとめ

ネメシスは大人気ミステリ作家×講談社×日テレ新ドラマがコラボした作品でした。

また、脚本に協力した気鋭のミステリ作家たちが書き下ろす、小説版『ネメシス』もⅠ~Ⅱは3月12日に刊行されており、小説を読んだ方からの声を見る限り、小説を読んだ後、ドラマがますます楽しみになるみたいです。

ドラマは各回1時間で完結するので、小説のほうが物語として厚みがあり、展開なども変割りそうですね。

小説を読んで、4月11日のネメシス第一話を見ても楽しめそうです。

コメントを残す