リコカツつまらない面白くない評価評判は嘘?理由と原因は一体何なの?

リコカツの口コミ評価はつまらない、面白くないドラマと評判な理由は?

ヤフーやツイッターから口コミ、評価を調べてみました。

本作はスピード結婚からすぐに離婚という前代未聞の展開を迎えるドラマ。

しかし、つまらない、面白くないとの厳しい意見が多く見られます。

つまらないの評価の理由を徹底解説していきますよ。

この記事でわかること
  • リコカツの口コミと評価
  • リコカツはつまらない評判の理由
  • リコカツが面白い評価の口コミ

リコカツの口コミ評価がつまらない,面白くないと評判?

リコカツの口コミ評価がつまらない、面白くないと評判?

かなり厳しい評価が下されていますが、作品自体は非常に魅力的な内容です。

本作は、交際期間0日の夫婦が夫婦関係を解消することを決意し、行動する様子を描いたものです。

男女が出会い、結ばれるまでを描いたものはいくつもありますが、その逆の展開は少なく、私たちにとっても新鮮な作品になるでしょう。

脚本を手掛けたのは『一週間フレンズ』で脚本を担当した泉澤陽子です。

一週間フレンズは原作漫画を実写化したものでしたが、本作はオリジナル脚本とのことで先の読めない展開が待ち受けていそうですね。

さらに、演技力に定評のある北川景子と永山瑛太が主役を務めており、ますます見逃せないものとなっています。

そんな本作がつまらない、面白くないとの評判は本当にあるのでしょうか?

次に、リコカツの口コミ、評価の理由を探っていきます。

リコカツの口コミ評価の理由

リコカツの口コミ評価の理由。

調べてみると、リコカツがつまらないという口コミ評価の理由には4つの理由があります。

  • 同じテーマの作品と重なる
  • 主人公のキャラに不快感
  • 設定が無茶苦茶
  • テーマ的に面白くなるのが想像できない

それでは早速、面白くないとの評判を解説しますね。

リコカツの口コミ,評価理由①:同じテーマの作品と重なる

リコカツの口コミと評価、1つ目は同じテーマの作品と重なるためです。

リコカツのテーマはタイトルにもあるように、離婚をテーマとしたドラマ。

そして、主演の1人である永山瑛太と離婚というとどうしても『最高の離婚』を思い浮かべてしまう視聴者が多いようです。

主演が同じということで、最高の離婚や過去の離婚に関するドラマと同じような作品だという印象を受けてしまうのでしょう。

また、どうしても過去作である最高の離婚と比較してしまい、最高の離婚の方が面白かったと口コミ評価する意見も見られました。

以上から、離婚というテーマや主演の過去作と比べられたり、既視感を感じさせることからつまらないとの評判がついてしまうのでしょう。

リコカツの口コミ,評価理由②:主人公のキャラへの不快感

リコカツの口コミと評価、2つ目は主人公のキャラに不快感を感じるというものです。

その主人公とは、永山瑛太が演じる緒原紘一でした。

紘一は自衛官で非常に頭の固い性格の人物として作中では描かれています。

この紘一の自衛官らしいキビキビした感じやストイックさを私生活まで持ち出す様子が苦手という口コミが多く見られました。

また、永山瑛太演じる紘一の口調はクセが強く、その大袈裟な演技がわざとらしくウザいと感じる視聴者もいるようです。

このように、ドラマとはいえ、少し誇張されたキャラクターに苦手意識を感じたため面白いと感じれず、リコカツをつまらないと評価してしまったと考えられます。

リコカツの口コミ,評価理由③:設定が無茶苦茶

リコカツの口コミと評価、3つ目は設定が無茶苦茶という点です。

リコカツは主人公の2人が運命的な出会いを果たしてから、交際期間0日で結婚を決めるといった現実ではありえない設定からドラマが始まります。

この設定に対して、何も知らない人といきなり結婚は、いくらドラマとは言え無茶苦茶と視聴者は感じたようです。

また、いきなり結婚するのではなく、出会ってから結婚するまでを描けばよかったのではと苦言する口コミ評価もありました。

交際期間0日からいきなり離婚という展開は、前例がなく他の作品との差別化ができています。

しかし、リアリティに欠けた設定だったため、共感が得られずつまらないとの評判がついてしまったようです。

リコカツの口コミ,評価理由④:テーマが重い

リコカツの口コミと評価、4つ目はテーマが重く、離婚前提の話が面白くなるのを想像出来ないという理由です。

離別がテーマということから明るい展開にはなりにくいだろうという意見もあり、離婚という単語の印象に引っ張られてしまっているようでした。

一見すると、ある種の悲しい終わりに向かっていくような物語をイメージしてしまうのもわかります。

また、離別がテーマになったお話は数少ないだけに、どんなストーリーになるのか想像出来ずに不安な方もいるでしょう。

以上の理由から、本作はテーマがテーマなだけに面白くなると思えないとの意見がつまらない、面白くないの口コミ評価に繋がったと思われます。

しかし、作風的にはかなり明るい作品であり、2話以降では主人公同士が距離を縮める描写も見られました。

離婚をテーマにしているものの、離婚という危機を経て結婚の大切さを改めて感じるような展開になると推測されます。

続いて、リコカツがつまらないだけじゃないのか見ていきましょう。

リコカツの口コミ評価はつまらないだけじゃない!

リコカツの口コミ評価はつまらない、面白くないだけじゃないのでしょうか?

実はつまらない、面白くないの口コミ評判がある反面、面白いとの声も多く見られました。

面白いと評価された理由は、大きくまとめて3つあります。

  • 瑛太演じる紘一がかっこいい
  • ドラマを通して考えさせられるものがある
  • 出演者が魅力的

リコカツが面白いと評価された理由3点を詳しく見ていきます。

リコカツの口コミ,面白い評価①:瑛太「紘一」が格好良い

リコカツの口コミ、面白い評価1つ目は、瑛太演じる紘一がかっこいいです。

つまらないという評価では、紘一の言動や行動が苦手という口コミが多かったものの、紘一に対する好感度が高い様子も確認できました。

紘一は頭が固い部分もありますが、不器用で真っ直ぐな様子がとても好感を持たれたようです。

ただ単純に頭が固いのではなく、北川景子演じる咲の意見や考え方を尊重し、考え方を変える様子が素敵と評判でした。

以上から、当初は堅物で苦手なキャラクターだったものの、視聴を続けたことで好感を持つようになり、純粋にリコカツを面白いと感じられるようになったのでしょう。

リコカツの口コミ,面白い評価②:考えさせられる

リコカツの口コミ、面白い評価2つ目は、ドラマを通して考えさせられるものがあるという点です。

本作は離婚をテーマにしているものの、離婚に対するマイナスイメージを与えるような描き方はされていません。

主人公2人のお互いの価値観や考え方を知って、自分の考えを変える様子に夫婦のあり方を考えさせられた口コミ評価もありました。

また、作中では熟年離婚して第二の人生を始める様子も描写されており、作中で描かれる様々な離婚の形に多くの共感を生んだようです。

このように、リコカツを視聴することで自身の夫婦について改めて考えさせられる作品となっているため、面白いと感じた方が多かったのでしょう。

リコカツの口コミ,面白い評価③:出演者が魅力的

リコカツの口コミ、面白い評価3つ目は、出演者が魅力的という点です。

永山瑛太と北川景子の組み合わせは、ドラマのプロデューサーが何年かけてでも実現させたかっただけあり、2人の演技が魅力的で多くの視聴者を惹きつけています。

主演2人の演技はもちろんですが、北川景子の母役で出演した三石琴乃の演技も注目を集めています。

三石琴乃は人気アニメの声優として活躍する人物ですが、本作で見せる表情や演技も評価されていました。

また、声優を務めるアニメに関する小ネタもあり、アニメファンから大きな反響がありました。

以上のように、主役2人以外にも魅力的な俳優陣が出演していることが面白いとの評判になったと推測します。

最後に、リコカツの口コミ評価のまとめに入ります。

リコカツの口コミ評価まとめ

リコカツの口コミ、評価まとめです。

つまらないや面白くないとの口コミ評判には、4つの理由がありました。

  • 過去の作品と重ねて評価
  • 主人公のキャラに対する不快感
  • 無茶苦茶な設定
  • 離婚というテーマへのマイナスなイメージ

リコカツは離婚というテーマが持つマイナスイメージが少しつまらない、面白くない評価に影響しているようです。

しかし、作風的にはコミカルで明るいもので、夫婦の在り方に対して考えさせられる面白い作品でした。

コメントを残す

CAPTCHA