丹沢一貴の顔画像Facebook特定か

丹沢一貴の顔画像Facebook特定か!老人ホーム「わたぼうし」の絞首事件

山梨県の老人ホームで、夜勤スタッフである丹沢一貴が殺害の疑いで逮捕されました。悲惨なことに、亡くなられた入所者の樋口慶子は旦那と同じ部屋で過ごしていたとのこと。

朝起きたら、妻が無くなり、その容疑者が夜勤スタッフだなんて信じられない話です。

丹沢一貴の顔画像Facebook特定か

丹沢一貴の顔画像Facebook特定か
丹沢一貴の顔画像Facebook特定か

丹沢一貴の顔画像Facebook特定か

Facebookでフルネーム「丹沢一貴」と入力して検索しましたが、結果は出てきません。恐らく、Facebookでアカウント登録はしていなかったのだと思います。

40代なので、一番やっている可能性が高いのはFacebookですが、山梨の田舎にある老人ホーム、SNSなど普段使わないのでしょう。

丹沢一貴の顔画像・写真 ※追記

丹沢一貴の顔画像・写真
丹沢一貴の顔画像・写真

丹沢一貴の顔画像が報道されました。

丹沢一貴の経歴(プロフィール)

丹沢一貴の経歴(プロフィール)

  • 氏名/丹沢一貴(たんざわかずき)
  • 年齢/42才
  • 仕事/介護士
  • 山梨県南アルプス市川三郷町上野

丹沢一貴の事件現場「老人ホームのわたぼうし」

丹沢一貴の事件現場「老人ホームのわたぼうし」

報道があった写真と同じ場所です。他にも事業所がありましたが、この玄関の写真でこの場所だと特定しました。

  • 老人ホーム名称:デイサービスわたぼうし
  • 事業所名:櫛形事業所
  • 郵便番号:400-0311
  • 住所:山梨県南アルプス市曲輪田711−2

山梨市駅からは、車で約50分の距離。Googleマップのストリートビューで見ると住宅街であるこの街は、お世辞にも都会とは言えません。

そんな町で起きた今回のような事件は、すぐ噂が広まるでしょう。命を預かる老人ホームとして致命的な事件です。

丹沢一貴の事件概要

丹沢一貴の事件概要

山梨県警は6日、同県南アルプス市の有料老人ホームで、入所していた女性を殺害したとして殺人の疑いで、同県市川三郷町の介護士丹沢一貴容疑者(42)を逮捕した。丹沢容疑者は老人ホームで勤務していた。県警によると、「首を絞めた」と話しているが、殺意についてはあいまいな供述をしている。

逮捕容疑は8月5日午後5時半ごろから6日午前0時ごろまでの間、南アルプス市曲輪田の有料老人ホームで無職樋口慶子さん(80)を殺害した疑い。

丹沢容疑者は「人が亡くなった」と自ら施設長に電話をし、駆け付けた施設長が6日午前0時20分ごろ、110番した。

出典:一般社団法人共同通信社
  • 事件日時:8月5日午後5時半頃から8月6日午前0時頃
  • 容疑者:介護士である丹沢一貴
  • 殺害動機:不明

首を絞めたことを認めているのに対し、殺意は曖昧な供述ということで衝動的なものだったのでしょうか。

tanzawa-kazuki-face-image-02
丹沢一貴はワンオペだったのか

ワンオペだったではという話も出ていますが、もしそうであれば、丹沢一貴は容疑者であり、被害者でもあったのかも知れません。

丹沢一貴の事件で蘇る「隣室者の絞首」

丹沢一貴の事件で蘇る「隣室者の絞首」

福岡県福岡市南区の住宅型老人ホームで、2月8日午前、入居者の芦見信竹さん(70歳)の首を絞めて殺害しようとしたとして、隣の部屋の松葉口秀男容疑者(75歳)が逮捕された。芦見さんは8日夜、搬送先の病院で死亡が確認された。

警察の調べによると、松葉口容疑者は芦見さんの首を絞め、殺害しようとしたと容疑を認めているという。

事情を聞いたところ、容疑者は2年ほど前から隣の部屋で暮らす芦見さんと生活音についてトラブルになっており、「隣の部屋の生活音がうるさかった」などと話しているという。

住宅型有料老人ホームは、食事や見守りはつくが、介護は別契約。介護を必要としない元気なうちから入居するケースもあり、そのような人たちは趣味活動などを楽しみ、人生を謳歌している人も多い。

静かな生活をしている人ばかりではないところで、一度気になりだすと止まらないのが、隣人の「生活音」。これまでにも、一般の集合住宅等ではたびたび事件に発展したが、老人ホーム内での「生活音トラブル」が引き起こした今回の事件は、管理・運営しているホーム側にも、未然に防ぐ手段はなかったのかが問われそうだ。

出典:ケアマネドットコム

福岡では入居者が入居者を絞首する事件もありました。これまで全く関わり合いがなかった人たちの共同生活。それは一緒に住む入居者もそうですが、スタッフである介護士も相当な負担がかかるなんて容易に想像できます。

その閉鎖された空間、ストレスから虐待、暴行、殺害といった話は昔からよくある話です。ただ、こんな事は繰り返されるべきではない、よくある話では済まされない問題です。

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    優しいだけの男の子。他人に対して文句も言えるようなタイプではなく優しいだけの自分の気持ちを押し殺すような‥バカだけどまっすぐでいい子。誰にも頼らず我慢の限界だったのかなぁ?若い時、職場で知り合った子と結婚して、子供が産まれたけど彼女は男にだらしない女の子で産まれた子供もかずきの子供ではなく‥親の言われるままに離婚。その後は彼女を作れる様な性格でもなく1人。お母さんに負担をかけたくないいっぽうで我慢して仕事を。大人しく真面目過ぎる性格なだけに人に頼ることも愚痴を言う事も出来ず我慢してい爆発してしまったのかもしれない。昔から知ってる人に聞いてもらえばどんな人間か分かるはず。

    • 匿名 より:

      そういうのを社会不適合者という。
      ことが起きてからではなく、ことが起きる前に教えてあげる方が良かったね。
      生きている人間は皆んな同じ。皆んな辛いし
      人それぞれ悩んでいることもある。
      いい事は良いダメな事はダメ、そう言ってあげる方がどんなに人のためか。。。。
      身近な人のコメントだと思うが
      被害者は命を奪われた。
      どんなに加害者を擁護しても
      理性は人間だけにあり、理性を失くしてしまった彼は、もはや優しさも、いい子でもない。
      何が悪くて何が良いのかの答えは難しいがただ一つ、絶対的な正解だけはある、どんな理由があろうとも人が人の命を奪うことだけは不正解。

    • ゆり より:

      ゆるせない。
      80年生きてきて、どんどん筋力も非力になっていくなか、怖くて怖くてパニックで、人としての尊厳もボロボロにされて、どんなに辛かったかと思うと、憎しみしかない。
      ストレスを言い訳にしても、到底許せる話ではない。

  2. 匿名 より:

    施設は定員超過を県から指摘されてたとニュースで新たな情報が出ましたね。
    職員を増やせなかったのか増やさなかったのか。
    悲しい事件は防げたかもしれませんね。

コメントを残す

CAPTCHA