鳥潟かれん容疑者の逮捕現場旭川医科大

鳥潟かれんは早稲田出身の記者「Facebookで顔画像特定か」

警察は、北海道新聞の新人女性記者である鳥潟かれん容疑者を建造物侵入の容疑で現行犯逮捕した事件です。鳥潟かれん容疑者は早稲田出身の高学歴な記者。入社したてホヤホヤの新米社員です。

逮捕当日、旭川医大は「学長選考会議」を開き、吉田晃敏学長の解任が議題の1つでした。北海道新聞社は、学長選考会議を狙って、鳥潟かれん容疑者を取材に行かせたのか。

そもそも侵入ではなく、通知を知らなかっただけの可能性はないのか。不可解な点が多いです。

鳥潟かれん容疑者は一体どんな人物なのか、FacebookやSNSで顔画像を調査するとともに、事件の概要からこの事件が話題になっている陰謀論までお伝えしていきます。

6月24日18時00分追記

6月24日に鳥潟かれん容疑者は、釈放されています。

6月24日19時30分追記

旭川医大が北海道新聞社に抗議文を送付、私人逮捕の実態の声明を提出。詳細は下に記載しています。

以上

鳥潟かれん容疑者の事件概要

鳥潟かれん逮捕の記事:北海道新聞社
鳥潟かれん逮捕の記事:北海道新聞社

鳥潟かれんの事件概要。

大手マスコミが一斉に報じ、大きな話題となっています。

北海道警旭川東署は22日、旭川市の北海道新聞の20歳代女性記者を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。

発表によると、女性記者は22日午後4時半頃、同市の旭川医科大の看護学科棟に侵入した疑い。同棟では学長選考会議が非公開で開かれており、気づいた職員が取り押さえた。大学は学外者の入構を原則禁じていた。

北海道新聞社の佐藤正基編集局総務は「記者が逮捕されたことは遺憾。記者は旭川医科大の学長解任問題を取材中だった。経緯などを確認し、読者の皆様に改めて説明する」とのコメントを出した。

出典:読売新聞

女性記者は、学長選考会議の取材中で調べに対し「会議がどこで行われているのか探していた」と容疑を認めているということです。

出典:北海道のニュース

以上が、メディアが報じている事件概要です。

  • 2021年6月22日午後4時半頃に事件発生。
  • 旭川医科大の看護学科棟に侵入した疑い。
  • 看護学科棟は、非公開の学長選考会議が行われていた。
  • そのため、大学は「部外者は入ってはいけない」と各報道社に通知。
  • 鳥潟かれん容疑者は、会議の場所を探していた。
  • 鳥潟かれん容疑者に気付いた職員が取り押さえ、現行犯逮捕。
  • 鳥潟かれん容疑者の逮捕に対し、北海道新聞社の佐藤正基編集局総務はおかしいと反論。
  • 経緯などを確認し、改めて説明したいとコメント。

実はこの事件、ネット上ではかなり炎上しています。鳥潟かれん容疑者は、実際には「利用されただけの被害者ではないのか。」という点です。

現行犯で逮捕されているため、全くの冤罪ではないことは明白ですが、北海道新聞社の黒い噂から鳥潟かれんは被害者説が生まれています。

北海道新聞社の黒い噂は、こちらです。

  • 北海道新聞は、勤務女性に対し、セクハラを繰り返し、自殺に追い詰めた人物が所属。
  • その加害者を重役にする北海道新聞。
  • 「北海道出身でブラック企業に捕まった人を紹介してくれ。うちの新聞で受けがいいと思うんで。」と都合の良い事実を切り取る体質

6月24日19時30分追記

朝日新聞の取材で、旭川医大の声明発表が行われました。

>>朝日新聞公式HP:旭川医大「無断録音された」北海道新聞社に抗議文送付

要点をまとめます。

  • 鳥潟かれん容疑者は、会議内容を無断録音していた。
  • 旭川医大は北海道新聞に対し、抗議文を提出。
  • 鳥潟かれん容疑者は取材目的で、関係者以外立ち入り禁止の看護学科棟4階へ立ち入る。
  • 不祥事が相次いだ吉田晃敏学長の解任について会議をしていた。
  • 扉の隙間から会議内容を録音していた鳥潟かれん容疑者を職員が見つける。
  • 職員が身分や目的を尋ねたが返答なく、逃げ出そうとした。
  • 部外者が無許可で侵入と判断し、私人逮捕。

以上。

鳥潟かれん容疑者は早稲田出身:プロフィール顔画像・経歴・Facebookは?

鳥潟かれん容疑者のプロフィールは下記通りです。

  • 名前:鳥潟かれん(とりがたかれん)
  • 年齢:22歳
  • 職業:北海道新聞社の新米記者
  • 大学:早稲田大学

鳥潟かれん容疑者の顔画像

Facebookで、鳥潟かれんの顔画像がありました。但し、北海道新聞記者の鳥潟かれんと確実性がないため、顔画像にはモザイクを使用。

鳥潟かれんのFacebook顔画像1
鳥潟かれんのFacebook顔画像1

1つ目のFacebookの顔画像は、早稲田大学の文字が入ったテントに、男性と2人で撮られています。2人ともとても楽しそうで、思わずペットボトルで顔を挟んでいるほどです。

鳥潟かれんのFacebook顔画像2
鳥潟かれんのFacebook顔画像2

2つ目のFacebookの顔画像は、3人で撮られています。こちらの写真でもペットボトルに寄り添って楽しそうです。どちらも早稲田大学のお祭りの時に撮った写真でした。

Facebookの顔画像からみると、鳥潟かれんは垂れ目で黒髪、顔立ちが割とはっきりした清楚な美女です。笑顔をみるととても事件を起こすような人柄には見えません。

どちらかと言えば、学級委員長、図書委員、動物のお世話を自ら志願しそうな人にみえます。人は人相でその人の性格が分かると言われていますが、人良さそうな、悪く言えば人に騙されそうなタイプでしょう。

Facebookで検索して見つけたものですが、どちらも経歴や学歴、職歴が掲載されていないために本人かどうかの不確かです。

上記2つの顔画像は、楽器を持っている女性の顔画像のアカウントから特定しました。

鳥潟かれんのFacebook検索結果
鳥潟かれんのFacebook検索結果

この顔画像が映っている方のアカウントを見てみると綺麗な水平線が見える海の写真がトップにありました。この海は、北海道の背骨と有名高い日高山脈の最南端に位置する襟裳岬(えりも)です。

鳥潟かれんのFacebook画像
鳥潟かれんのFacebook画像

北海道新聞に勤めている鳥潟かれん容疑者と、何らかの繋がりがあると考えられます。

鳥潟かれんのinstagram画像
鳥潟かれんのinstagram画像

 Instagramに顔画像はないのか調べたところ、鳥潟かれんのInstagramらしきアカウントを見つけました。プロフィールに記載があるwasedaは、早稲田大学。asahikawaは、北海道新聞旭川支局を指しているのでしょう。

このアカウントは、鍵が付いているためInstagramの画像を見ることは出来ませんでした。

鳥潟かれんのtwitter検索結果
鳥潟かれんのtwitter検索結果

Twitterで鳥潟かれんと検索をかけてみましたが、結果はありませんでした。

鳥潟かれん容疑者は早稲田大学で記者修行

鳥潟かれんの記事1-1
鳥潟かれんの記事1-1
鳥潟かれんの記事1-2
鳥潟かれんの記事1-2

鳥潟かれん容疑者は、大学時代からインタビューを行うなど、記者として修行を積んでいたようです。このことからも、将来記者になるんだと熱い思いが伝わってきます。

実際に『学生団体おちょきん』を取材した記事も存在します。この記事内で「鳥潟かれん早稲田大学4」と記載があったことから早稲田大学出身であることが判明しました。

2021年3月に早稲田大学卒業、北海道新聞に入社したと考えると、現在22歳であることから年齢も鳥潟かれん容疑者と一致しています。

鳥潟かれんの記事2-1
鳥潟かれんの記事2-1
鳥潟かれんの記事2-2
鳥潟かれんの記事2-2

鳥潟かれん容疑者の犯行動機と陰謀論

鳥潟かれん容疑者の犯行動機は、ネタをあげたかっただけなのでしょうか。

同署によると、女性記者は22日午後4時半ごろ、同市の旭川医科大の構内で取材中、同大の職員に発見され、この職員に現行犯逮捕された。

同大では学長の解任を審査する学長選考会議が開かれており、女性記者は会議の取材をしていた。「会議をしている場所を探していた」と話しているという。

同大は、同日午後3時50分ごろ報道各社にファクスを送り、感染防止措置として、記者団の取材に応じる午後6時ごろまでの間、記者を含めた学外者の立ち入りを原則禁止すると伝えていた。

出典:毎日新聞

毎日新聞の記事から従系列で状況を整理する。

  1. 午後3時50分:報道各社に、記者を含む部外者立ち入り禁止を通知
  2. 午後4時30分:鳥潟かれん容疑者の現行犯逮捕
  3. 午後6時00分:学長選考会議スタート

これだけ見ると、大学側による意図的な現行犯逮捕に見えませんか?記者を捕まえるために、敢えて直前に通知を出してすぐに捕まえる。まるで、子どもの鬼ごっごのようなルールです。

学長選考会議の情報を本当に漏らしたくないのであれば、前日までに通知を出しておくのが自然。

事前に通知しなかったのは、北海道新聞社に大学側の内通者がいて、わざと鳥潟かれん容疑者を取材に行かせていたのでしょうか。

この考えは北海道新聞社のこの記事から生まれたものです。言わば、日頃の恨みの仕返しです。

>>北海道新聞公式サイト:旭川医大学長「疑惑への説明が必要だ」

あくまで陰謀論ですが、今回の事件は大学側が仕掛けたもの。だとすると、鳥潟かれんは容疑者でもあり、一番の被害者なのかも知れません。

鳥潟かれん容疑者は業務命令で侵入か

北海道新聞社の通知
北海道新聞社の通知

鳥潟かれん容疑者は業務命令で侵入したはずです。入社したての新米記者が1人で勝手に取材に行くなんてことはあり得るのでしょうか。しかも、北海道新聞社の公式HPを見れば、基本的に取材はNGということが分かるにもかかわらずです。

手探り状態の新人を1人で行かせるのであれば、せめて交流の深い取引先へ向かわせませんか?

鳥潟かれん容疑者が独断で1人取材に行ったのであれば、北海道新聞社は「遺憾」ではなく「謝罪」の形を取ったはずです。

「鳥潟かれんが単独で取材に行き、指導が足りていなかったです。」これが自然な流れだと思うのですが、遺憾ということは、業務命令であったことが想像出来ます。

鳥潟かれんの容疑について「掲示板1」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板1」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板2」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板2」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板3」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板3」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板4」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板4」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板5」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板5」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板6」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板6」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板7」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板7」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板8」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板8」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板9」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板9」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板10」
鳥潟かれんの容疑について「掲示板10」
  • 今22歳なら、新卒1年目。学生気分が抜けずに取材したか、上司の指示でそんなものと思ったか。
  • 上司にハッパかけられたか。
  • 新人女だからって、圧力かけられたのか。
  • 鬼軍曹がやらせたんだろうな。
  • 上司にそそのかされたやつ!ヤクザの鉄砲玉と同じだ。
  • これを指示した上司を北海道新聞は処分できるのかな?
  • 上司の指示だからしょうがない。
  • 新人がデスクに指示されたかな。
  • 年齢的に学生に見えるから上司の指示だろうな。
  • 若いから大学生に紛れてもバレないとでも思ったんだろうな。

鳥潟かれん容疑者の事件現場を特定

鳥潟かれん容疑者の逮捕現場です。

郵便番号〒078-8802
住所北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1−1

ネットの反応

取材ならば何をしても許されると思っているのか。
日本国民の皆さんはどう思いますか。
マスコミのエゴで、自分たちは特権階級の人間とでも思っているのか。
WEBサイトでは名前が削除されてるみたいです。
本当に遺憾に思うんなら、一面ぶち抜いて謝罪せいや
散々マスゴミどもは被害者の名前を晒して加害者の名前は公表しなかった
今回の新聞記者の事件はどうやらマスゴミ様達からすれば、取り締まりを当然に行った大学が加害者で記者の方が被害者らしい
だからお前は晒されても文句ないだろ?
なあ、鳥潟かれんちゃん
コメントを残す

CAPTCHA