對馬悠介の画像

對馬悠介(読み方:つしまゆうすけ)の顔画像Facebook特定か「小田急線通り魔の犯人」コンビニ店長に懺悔

切り裂き通り魔である對馬悠介、小田急線で起こった悲惨な事件の動機はなんだったのか。の顔画像からFacebook、プロフィールを調べ、事件について詳細に情報をお伝えします。

8月6日の夜8時30分頃、世田谷にある祖師谷大蔵駅あたりを走行中の小田急線車内で起きた通り魔、刺傷事件。被害者の内、10名が病院搬送、うち1名が重症となっています。

動機は「幸せそうな女を殺したいと思ったから」對馬悠介(つしまゆうすけ)は容疑を認めています。

追記:本件は計画的な犯行のようです。

※名前は、対馬悠介と對馬悠介が報道でなされていますが、真剣ニュースでは對馬悠介として掲載させて頂きます。

なお、当サイトには事件現場の画像や動画がありますので、あらかじめご了承ください。

関連記事
>>對馬悠介は家族持ちか!妻や子供や自宅住所,経歴「生い立ちは壮絶か」

>>對馬悠介の国籍は韓国か!読み方は「つしまゆうすけ」で間違いないか

>>對馬悠介のtwitter(ツイッター)特定か!非アクティブ垢の闇が深い

>>對馬悠介の大学は中央大学!出身高校の学歴も「出身地は青森県五所川原市」

對馬悠介のFacebook特定! ※追記

對馬悠介のFacebook
對馬悠介のFacebook

對馬悠介のFacebook特定か

對馬悠介のFacebook
對馬悠介のFacebook

Facebookで「對馬悠介」と検索したところ、6名が検索結果に表示されました。しかし、確定情報はないために誰が小田急線通り魔の犯人か特定できない状況です。

対馬悠介のFacebook
対馬悠介のFacebook

次に、Facebookで「対馬悠介」と検索したところ、2名が検索結果に表示されました。しかし、こちらも特定に至るまでの情報は見つかっていません。

對馬悠介、同姓同名の風評被害を恐れる声
對馬悠介、同姓同名の風評被害を恐れる声
對馬悠介、同姓同名の風評被害
對馬悠介、同姓同名の風評被害

<要注意>
同じ苗字と名前だからといって、風評被害に合っている人がいます。これだけ同じ名前の方々がいらっしゃいますので、情報は慎重に扱いましょう。

對馬悠介、サラダ油も風評被害に1
對馬悠介、サラダ油も風評被害に1
對馬悠介、サラダ油も風評被害に2
對馬悠介、サラダ油も風評被害に2

また、後半ではサラダ油を撒き散らす計画についてもお伝えしますが、サラダ油に対しても風評被害だ!と声が上がっています。

※8月7日22:30追記

朝日新聞と読売新聞から学歴が判明し、Facebookアカウントを特定しました。

東京都世田谷区を走行中の小田急線車内で起きた刺傷事件で逮捕された、自称派遣社員の対馬悠介容疑者(36)は、捜査関係者によると青森県五所川原市出身。幼い頃に、母方の実家があった世田谷区に移り住んだ。区内の小中学校を卒業後、都立大付属高校に入学。その後、中央大理工学部に進んだという。

出典:読売新聞
  • 出身は、青森県五所川原市
  • 幼い頃に、母の実家があった世田谷区へ引っ越し
  • 区内の小中学校を卒業
  • 都立大附属高校入学
  • 中央大学理工学部へ入学し、中退
對馬悠介のFacebook
對馬悠介のFacebook

以上の情報から、下記、Facebookと特定出来ました。全くアクティブでないこのアカウントの最後の投稿は、2013年9月7日。

Facebookからは特に目立った情報は出てきませんでした。

對馬悠介の顔画像特定「イケメンと話題」 ※マスクなし画像追加

對馬悠介の顔画像特定「イケメンと話題」

對馬悠介が警察官に捕まって、パトカーで連行されようとしている瞬間ですね。これでは詳しくわかりませんが、追って調査して行きたいと思います。

追記!

對馬悠介の顔画像1
對馬悠介の顔画像1
對馬悠介の顔画像2
對馬悠介の顔画像2
對馬悠介の顔画像3
對馬悠介の顔画像3

なんとめちゃくちゃイケメンですね。身長も175cmということで、モデルか俳優クラスでしょうか。それとも、今話題のマスクマジックなのか。

間宮祥太朗のイケメンを削ぎ落とした感じでしょうか。

2021年8月8日追記

マスクなし画像が公開されました。

對馬悠介の画像
對馬悠介の画像
對馬悠介の画像
對馬悠介の画像

やっぱり、イケメンでしたね。

對馬悠介の経歴プロフィール

對馬悠介のプロフィール「逮捕前」
對馬悠介のプロフィール「逮捕前」

對馬悠介の経歴プロフィール

逮捕前ですが、警視庁から発表された情報は画像の通り、

  • 氏名:對馬悠介(つしまゆうすけ)
  • 性別:男性
  • 年齢:36才(当初20代と公開されたため、若く見える?)
  • 身長:175cm
  • 髪:黒髪で長め
  • 事件当時の服装:黒色又は、オレンジ色の半袖シャツ、白色の短パン
  • 住所:神奈川県川崎市多摩区西生田4
  • 職業:不明

SNSでは、そのほかにも「パーマ」をかけた髪型だった、メガネをかけていたという情報もありました。

對馬悠介の事件現場は祖師谷大蔵駅付近

對馬悠介の事件現場は祖師谷大蔵駅付近

對馬悠介(犯人)を確保したコンビニはファミリマート高井戸西一丁目店「杉並区」

對馬悠介(犯人)を逮捕したコンビニはファミリマート高井戸西一丁目店「杉並区」

對馬悠介(犯人)はファミリーマートのコンビニ店長に「テレビのニュースになっている犯人は私です。もう逃げるのに、疲れちゃいました」と懺悔。

そんなのマニュアルにないよ!!!ってフランチャイズの店長は思ったはずですが、とにかく店長も無事でよかったです。

因みに、祖師谷大蔵駅から犯人を逮捕したコンビニ、杉並区のファミリマート高井戸西一丁目店はほぼ一本道で歩いて約1時間です。足の速さに自信があったのでしょうか。

最後は、諦めたとのことで、これ以上被害が広まらなくてよかったです。

逮捕現場を目撃した男子中学生14才は「慌てずに、大人しく警官について行っていた。逃走犯と聞いて不安でした」と答えたとのこと。

對馬悠介(犯人)の事件概要

對馬悠介(犯人)事件概要

家路を急ぐ人たちを乗せたいつもの電車が一転、事件の現場となった。東京都世田谷区の小田急線祖師ケ谷大蔵駅付近を走行中の車内で6日夜、男が刃物を振り回し、乗客らが負傷した。「逃げて」と叫ぶ声、血まみれになって逃げ惑う人――。突然の出来事に乗客らは言葉を失った。

事件があった電車は祖師ケ谷大蔵駅の手前で緊急停車した。乗客らが避難した同駅の改札付近は立ち入りが規制され、警察官が慌ただしく行き来していた。その傍らでは負傷したとみられる人が担架に乗せられ、救急隊員に運ばれていた。

電車に乗り合わせた20代男性は、前方の車両から「包丁を振り回しているやつがいる」と言いながら逃げてきた乗客の声で異変に気付いた。前方を見ると、2両先の車両の真ん中あたりで誰かが何かを振り回し、その周囲で複数人がうずくまったり倒れたりしていた。手元までは見えなかったものの「振り回す手が何人かに当たっているのは見えた。言葉にならないような大声も聞こえた」という。

当時、車内は座席がほぼ埋まる程度の混雑状況だった。前方の車両から逃げてきた女性は、シャツが血まみれになったまま「私はけがはないけど、助けて、助けて」と取り乱しながら後方の車両に逃げていったという。男性は「もし、錯乱したような男が刃物を持ったまま向かってきたらと思うと、とにかく怖かった」と振り返った。

後ろから4両目に乗っていた男性会社員(55)によると、午後8時半過ぎに突然、前の車両から数十人の客がなだれ込んできたという。中には靴を履いておらず、腕と足が血まみれの女性など、けがをしている人が複数人いた。

事件があった車両と別の車両に乗っていた男性は、刺されたとみられる乗客を見た。「脇腹あたりを刺されたような20代くらいの女性が逃げ込んできた。たまたま居合わせた看護師らしき人が、その人を座席に横たわらせ、他の乗客からタオルを集めて止血をしていた」と証言した。

男性会社員(45)は、血まみれで逃げてきた人に声をかけた。「大丈夫ですか」と聞くと、その人は「近くの人が刺されて、血を浴びた」と答えたという。騒然とする中、電車のドアが開いたので線路上に降りると、4~5人の男性がぐったりした様子で救急隊から治療を受けていた。

別の車両に乗っていた40代男性は「けがをした人が逃げてきて、いつの間にか自分の服にも血がついていた」。東京都町田市の女子大生(20)は「暴れている男がいる」「逃げて」という声で事件の発生を知ったといい「何が起きたか分からず、電車内はパニック状態で必死にみんな逃げていた。殺されるかと思った」と話した。

出典:毎日新聞
  1. 對馬悠介がスーパーで万引き
  2. コンビニの女性店員が警察に通報
  3. 對馬悠介はコンビニの女性店員を計画
  4. 夜に行くとコンビニは閉まっていた
  5. 電車でサラダ油を使い、人を殺害する計画へ変更
  6. 對馬悠介は実際に電車内で人を切り裂く
  7. 車内にサラダ油を巻いて火を付けようとする
  8. しかし、火が付かないため逃走
  9. 約2時間の逃走
  10. 祖師谷大蔵駅からほぼ真っ直ぐ北上したコンビニ「ファミリーマート」に辿り着く
  11. コンビニ店長にテレビで騒がれている犯人は自分と告白
  12. 逮捕

對馬悠介(犯人)の動機 ※追記

對馬悠介(犯人)の動機

  • 車内で座っている女性を殺してやろうと思い包丁で突き刺したことは間違いない
  • 6年前くらいから幸せそうな女を殺したいと思ったから
  • 逃げ場がなく、大量に殺せるから電車でやった

對馬悠介は、新宿区内の食料品店で万引きをして女性店員に通報。

「女性店員を殺してやりたいと思い夜に店に戻ろうとしたが、閉店していることに気付き電車で人を殺す計画に切り替えた」

などと供述しているようです。サイコパスとしか言いようがありません。

追記

  • 對馬悠介は、車両移動しつつ乗客を包丁で襲撃
  • 包丁の柄が折れる
  • サラダオイルを床に撒き、火をつけようとした
  • 火がつかなかったので、逃走

<犯行前>
「快速なら乗客が途中で降りられない」ことを理由に、登戸駅で快速急行に乗り換えていた。

對馬悠介(犯人)事件の目撃者証言

對馬悠介の目撃者
對馬悠介の目撃者

對馬悠介(犯人)事件の目撃者証言

對馬悠介は、目の前にいた女性を刃物で何回も刺していた。


背中など7箇所を刺されたという20代の女性のことでしょう。動機から考えて、この女性が幸せそうだったから、殺意が芽生えてしまったということになります。理解出来ません。

對馬悠介(犯人)事件の影響

對馬悠介(犯人)事件の影響

  • 重傷者:都内在住20代女子大学生/背中や胸など7カ所を刺される。
  • 軽症者:8人中3人が切り傷、残り5人は打撲や避難時の転倒。
  • 事件の影響:約4万9000人に影響。

小田急小田原線は、深夜午前0時15分まで新宿―向ケ丘遊園駅間で上下線計158本が運転を見合わせた。

女子大生も命に別状はないということで一安心です。一生のトラウマにならないように、心のケアを行って後遺症がないことを祈ります。

對馬悠介(犯人)の事件の当時の画像一覧「閲覧注意」

對馬悠介(犯人)事件の当時の画像一覧「閲覧注意」

對馬悠介の事件画像1
對馬悠介の事件画像1
對馬悠介の事件画像2
對馬悠介の事件画像2
對馬悠介の事件画像3
對馬悠介の事件画像3
對馬悠介の事件画像4
對馬悠介の事件画像4
對馬悠介の事件画像5
對馬悠介の事件画像5

對馬悠介(犯人)事件の当時の動画一覧「閲覧注意」

對馬悠介(犯人)事件の当時の動画一覧「閲覧注意」

最初何が起きたか分からずみんな呆然としてたな。その後段々やばいってなって徐々に逃げ出した感じ。その後すぐパニック状態。

祖師谷大蔵駅通過するはずの列車中で殺人事件。初めて非常停止ボタン押した。

【小田急線“刃物男”確保】小田急線の車内で、男が乗客を切りつけるなどして、9人が重軽傷を負った事件。警視庁は逃走していた30代の男の身柄を確保しました。男は都内のコンビニに「自分が犯人だ」と名乗り出たということです。

東京・世田谷区の小田急線の車内で、男が突然刃物を振り回し、乗客とみられる少なくとも4人が刺された事件で、逃走していた男が今夜、身柄を確保されたということです。

對馬悠介(犯人)事件現場で活躍する医療従事者

對馬悠介(犯人)事件現場で活躍する医療従事者

小田急線の事件、ニュースで乗ってた方の話など流れていたけど本当に怖すぎる。そんな中、医療従事者の方いらっしゃいませんか?のアナウンスにその電車、後続の電車から駆け付けてくれた方がいる事に涙が出る。

荷物置いて出て行っちゃった医療従事者。がんばれ。

對馬悠介(犯人)事件で警察は特別捜査本部を立ち上げ

對馬悠介(犯人)事件で警察は特別捜査本部を立ち上げ

對馬悠介(犯人)事件で蘇る新幹線通り魔殺人犯「小島一朗」

對馬悠介で思いだす小島一朗
對馬悠介で思いだす小島一朗

對馬悠介(犯人)事件で蘇る新幹線通り魔殺人犯「小島一朗」

走行中の新幹線で起きた通り魔殺傷事件で、司法は「一生、刑務所に入りたい」「自分の命は惜しい(から死刑にはなりたくない)」という被告の望みを聞き入れた。昨年6月、東海道新幹線で3人を死傷させ、殺人と殺人未遂罪に問われた小島一朗被告(23)の裁判員裁判。横浜地検は9日、無期懲役を求刑し、横浜地裁小田原支部は18日、求刑通り無期懲役を言い渡した。量刑は検察側と弁護側双方の要求通りで、このまま確定するとみられる。この判決が確定すれば、小島被告が望む「無期懲役囚」という身分と、食事など生活に必要な費用を国が生涯、保証することになる。

出典:ダイヤモンドオンライン

2018年6月9日午後9時45分。新横浜から小田原間を走っていた新幹線で、女性2人と止めに入った男性が78箇所をナタなどで切りつけて、殺害した事件です。

動機は、子供の時から刑務所に入ることが夢であったそう。その生い立ち、経歴はかなり複雑でした。

5歳発達障害発覚・両親と関係希薄
13歳不登校
14歳地域活動支援センターへ
20歳就職先の会社でいじめ・人間関係を理由に退社
21歳祖母と養子縁組

自我を持たない時期から両親、家族の愛を貰えなかったのでしょう。

對馬悠介の事件は動機こそ違いますが、似たように人間関係によって心が壊れてしまったのではないでしょうか。

對馬悠介のtwitter(ツイッター)では男と女について語っているようです。

犯行は計画的なもので許されるものではありません。被害者と自分の罪に向き合って欲しいです。

コメントを残す

CAPTCHA