對馬悠介の画像

對馬悠介は家族持ちか!妻や子供や自宅住所,経歴「生い立ちは壮絶か」

小田急線で行われた惨劇の犯人である對馬悠介が逮捕されました。對馬悠介の家族は、声にならない思いで報道を見ていることでしょう。

そんな對馬悠介の家族、妻や子供など家族構成から生い立ちまで迫ります。

関連記事
>>對馬悠介の顔画像Facebook特定か「小田急線通り魔の犯人」コンビニ店長に懺悔(画像と動画アリ)

>>對馬悠介の国籍は韓国か!読み方は「つしまゆうすけ」で間違いないか

>>對馬悠介のtwitter(ツイッター)特定か!非アクティブ垢の闇が深い

>>對馬悠介の大学は中央大学!出身高校の学歴も「出身地は青森県五所川原市」

對馬悠介は家族持ちか!妻や子供など家族構成

對馬悠介は家族持ちか!妻や子供など家族構成

まだ情報は入っていませんが、恐らく家族持ちではないと予想しています。守るものがあれば、こんな非道に走らないでしょう。對馬悠介も人の子。両親は今どんな気持ちなのかと思うとやり切れません。

對馬悠介の家族についてコメント
對馬悠介の家族についてコメント

小田急線の殺人未遂犯である對馬悠介の親はいったい何してんだ?こんな頭も悪い知性もない出来損ないの息子産んで、テメーらで躾できねーなら処分するか自分達でまとめて○んでおけよ。多摩区出身ってどこの低学歴DQNなんだか。

このような意見の方がいることも勿論理解出来ますが、自立した子供がいつ闇堕ちかなんて、巣立てばわかりません。(責任が全くないとは言いませんが…)

對馬悠介の生い立ち(経歴)は壮絶か

對馬悠介の経歴「生い立ちは壮絶か」

  • 氏名:對馬悠介(つしまゆうすけ)
  • 性別:男性
  • 年齢:36才(当初20代と公開されたため、若く見える?)
  • 身長:175cm
  • 髪:黒髪で長め
  • 事件当時の服装:黒色又は、オレンジ色の半袖シャツ、白色の短パン
  • 住所:神奈川県川崎市多摩区西生田4
  • 職業:不明

對馬悠介の基本的なプロフィールは、こちらです。警察の調べによると、對馬悠介は「6年前から幸せそうな女を見ると、殺意を覚える」と話しているとのこと。

6年前、結婚直前で裏切られてしまったなど男女の関係で心が壊れてしまった可能性があります。

警察の調べによって出身や大学、勤務先に関する情報が明らかになったので紹介します。大学以前の高校、中学までの経歴は現在公表されていませんが、わかり次第更新していきます。

對馬悠介は出身が青森県、大学は中央大学理工学部を中退しているとのことでした。

對馬悠介は警察の調べに対して大学時代に女子生徒から見下された過去があるという発言をしており、大学中退との関連性についてはわかっていませんが、人間関係や男女関係でうまくいかずに大学を中退してしまったという可能性もあるのではないでしょうか?

そして大学中退後は学校教材の運搬、工場勤務など繰り返し転職をして、現在は職業不詳のようです。事件当日に万引き事件を起こしていたことを考慮すると、金銭的な余裕がなく事件当時は無色だったのではないでしょうか?繰り返し転職を続けていたのも職場での人間関係が関わっているのかもしれませんね。大学や職場での出来事から女性に対する恨みや殺意を募らせていたのでしょうか?

つまり、30才の時に何かがあったのでしょう。

對馬悠介は韓国国籍か

對馬悠介の国籍は日本でしょう

對馬悠介(つしまゆうすけ)の名前は、對馬があまり見慣れない感じのため、日本人じゃないんじゃないかと思われているようです。報道も配慮してか、あえて「対馬」と「對馬」の両方が使われていますよね。

調べたところ、日本全国で對馬という漢字は少なく、現在は青森県の津軽近辺に多い苗字ですが、ちゃんと日本で使われている苗字であることがわかります。

對馬悠介の苗字は珍しい
對馬悠介の苗字は珍しい

對馬悠介が住んでいる住所は、神奈川県川崎市多摩区西生田4。

実は神奈川県は、日本で4番目に對馬が多く使われる県で、およそ160名の方がいらっしゃるんです。

對馬悠介の苗字は青森に多い
對馬悠介の苗字は青森に多い

對馬悠介はアスペルガー症候群の可能性

對馬悠介はアスペルガー症候群の可能性

小田急線での切り付け事件を起こしてから、車内から逃走し1時間ほどたったのちに「逃げることにつかれた」という理由でコンビニの店員に自首した對馬悠介。このような行動からアスペルガー症候群なのではないかとの説が噂されています。

アスペルガー症候群の特徴として社会性やコミュニケーション面での障害から「少し変わった人」といわれることが多いそうです。もしかすると、對馬悠介はアスペルガー症候群だったために、コミュニケーションがうまく図れず大学時代に女性から見下されてしまったのかもしれません。

對馬悠介がコンビニ店員に対して一方的に話し続けるといった過去の行動も、アスペルガー症候群の人の特徴と一致しているように感じますね。一方でアスペルガー症候群の方は、興味を持った分野に対して非常に優れた力を発揮するといった特徴もあり、中央大学に合格するほどの学力はこの特徴が関係しているのかもしれません。

對馬悠介の自宅住所は神奈川県川崎市多摩区西生田4

對馬悠介の自宅住所は神奈川県川崎市多摩区西生田4

對馬悠介の大学,高校の学歴が優秀

對馬悠介の大学,高校の学歴が優秀

  • 對馬悠介の大学:中央大学理工学部の土木工学科(中退)
  • 對馬悠介の高校:東京都立大学附属高等学校
  • 對馬悠介の中学:不明
  • 對馬悠介の小学校:不明

對馬悠介は大学時代「恨みのきっかけ」

對馬悠介は大学時代「恨みのきっかけ」

對馬悠介(犯人)が女性への恨みは大学時代や出会い系サイトにある?

今回の小田急線切りつけ事件で對馬悠介が犯行の動機の一つとして挙げた、女性への殺意や恨みは過去の出来事が関係しているのではないかということが取り調べによって判明しました。

 対馬容疑者は「かつてサークル活動で知り合った女性に見下された」「出会い系サイトで出会った女性とデートしても途中で断られた」と調べに対し、女性を敵視する発言を繰り返しているという。

引用:東京新聞

このように對馬悠介が女性に対して強い殺意を抱くようになったのは、過去に女性から見下されたことが原因だったようです。女性に対する殺意は6年前頃からということですので、對馬悠介(犯人)が30歳の時に女性に恨みを抱くようなことが起きたと考えられます。

對馬悠介(犯人)が30歳の時に女性に対する強い殺意を抱くようになったきっかけはなんなのでしょうか?今回女子大生が4人も被害にあっていることから、大学時代に見下された過去が強く影響しているようにも思えます。

對馬悠介は大学時代に振られた説

對馬悠介は大学時代に振られた説?

對馬悠介の人格を変えるきっかけとなった大学時代について調べを進めてみると、意外なことが判明しました。大学時代の對馬悠介の知人が話す對馬悠介の印象は明るく気さくな人間だったそうなのです。

 大学で同じテニスサークルに所属していた知人男性は取材に「新歓コンパなどの場で、周囲になじめない新人を見つけると、積極的に声をかけていく優しい人だった」と振り返る。

引用:読売新聞

大学時代の知人のエピソードが本当だとすれば、對馬悠介はまわりからも好かれるような人間だったのではないでしょうか?積極的に他人とコミュニケーションを取ろうとする性格だとすれば、女性に対しても積極的なアプローチをしていたとも考えられますね。

大学時代にはテニスサークルに所属していたということで女性の部員とも交流する機会が日常的に多かったのではないでしょうか?当時、對馬悠介は同じサークルに所属する女性に交際を申し込んだものの、振られてしまったのかもしれません。そこからテニスサークル内で對馬悠介がある女性に交際を申し込んだという噂が広まり、サークル内での居心地が悪くなってしまったという可能性もありそうですよね。

對馬悠介の女性に対する恨みは非常に強いというのもありますが、10年以上も前の大学時代の出来事を覚えているということはその当時の出来事がただ振られただけではないのかもしれません。大学のテニスサークルで居心地が悪くなったことが、もしかしたら大学中退にも関係していたのかもしれませんね。

※追記

また、高校時代の同級生が對馬悠介と会った際には、對馬悠介は「仕事をせず、ナンパ師をしている」と語っていたことが判明しました。

高校の同級生「卒業してからは、たぶん2〜3回会ったぐらい。その時(会った際)は、仕事してなくて、職業・ナンパ師って言ってました。三軒茶屋駅とかでナンパするのが好きって言ってて、女子高生とか。度胸を試している部分もあり、成功率は低いけど、やり続けると」

引用:FNNプライムオンライン

對馬悠介は大学時代の様子から女性に対しても積極的にアプローチをしていたのではないかとの予想は的中しましたね。ナンパ師として頻繁に出没していたのであれば、女性の間でも噂になっていたり警戒されていたという可能性もあるでしょう。

仕事もせずにナンパ師をしていたということであれば、大学時代での出来事が女性を恨むきっかけになったわけではないのでしょうか??

對馬悠介は青森が実家「母親の実家は世田谷」

對馬悠介は青森が実家「母親の実家は世田谷」

捜査関係者への取材によると對馬悠介は幼少期に青森県五所川原市から世田谷区内移り住んでいたことが発覚しました。世田谷区は對馬悠介の母方の実家ということで、母型の実家に移り住んだと聞くと両親が離婚して對馬悠介は母に引き取られ世田谷区に移ったという過去があったのかもしれませんね。両親の離婚については明言されていないためあくまでも一説にすぎません。

その後、對馬悠介は世田谷区内の小中学校を卒業し、都立大付属高校に入学したといわれています。都立大付属高校は2010年に廃校になったものの、名門校として有名だったそうです。小中高校生時代に関しての情報は少ないことからも当時は對馬悠介が問題を起こすような生徒ではなかったのでしょう。

都立大付属高校から中央大学理工学部への進学という生い立ちを見てみても、對馬悠介が語るような「クソみたいな人生」という印象を受ける人は少なく、むしろ恵まれているのではと感じる人もいるようです。

【6年前】が妙に気になって。犯人が現在36才なのでちょうど30才の節目に自分の人生振り返って絶望したのかもね。けど【母方の実家は世田谷区】【都立大付属高校→中央大理工学部】をみるに実家太そうだし、くそみたいな人生ってほどでもなさそう。

對馬悠介の事件の流れ

對馬悠介の事件の流れ

6日夜、東京・世田谷区を走行していた小田急線の車内で男が刃物を振り回して乗客に切りつけ10人がけがをした事件で、警視庁は36歳の容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

調べに対して「幸せそうな女性を見ると殺したいと思うようになった。誰でもよかった」などと供述しているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

逮捕されたのは、川崎市多摩区に住む職業不詳の對馬悠介容疑者(36)です。

6日午後8時半ごろ東京・世田谷区の成城学園前駅付近を走行していた小田急線の車内で乗客10人が男に刃物で切りつけられたり殴られたりしてけがをしました。

警視庁によりますと、20代の女子大学生が背中など7か所を刺されて重傷で、ほかの9人のけがは比較的軽いということです。

小田急電鉄によりますと、「車内で刃物を振り回している男がいる」という連絡が入り、祖師ヶ谷大蔵駅の手前で緊急停車したということです。

警視庁が現場から逃げた男の行方を捜査していましたが、事件からおよそ1時間半後の6日午後10時ごろ、およそ5キロ離れた東京・杉並区内のコンビニエンスストアで對馬容疑者を発見し確保しました。

對馬容疑者はコンビニを訪れたあと、店長に「いまニュースに出ている事件の犯人です。逃げるのに疲れました」などと話したということです。

警視庁によりますと、調べに対して容疑を認め「幸せそうな女性を見ると殺したいと思うようになった。誰でもよかった」などと供述しているということです。

警視庁は今後、事件の詳しいいきさつや動機の解明などを進めることにしています。

出典:NHK

對馬悠介の事件の流れは、ざっくりこんな感じです。

  1. 對馬悠介がスーパーで万引き
  2. コンビニの女性店員が警察に通報
  3. 對馬悠介はコンビニの女性店員を計画
  4. 夜に行くとコンビニは閉まっていた
  5. 電車でサラダ油を使い、人を殺害する計画へ変更
  6. 對馬悠介は実際に電車内で人を切り裂く
  7. 車内にサラダ油を巻いて火を付けようとする
  8. しかし、火が付かないため逃走
  9. 約2時間の逃走
  10. 祖師谷大蔵駅からほぼ真っ直ぐ北上したコンビニ「ファミリーマート」に辿り着く
  11. コンビニ店長にテレビで騒がれている犯人は自分と告白
  12. 逮捕

サラダ油って、火付かないんですよね。電車ではお間抜けな姿を見せちゃいましたね。

對馬悠介の供述から分かるやばさ ※追記

對馬悠介の供述から分かるやばさ ※追記

  • 車内で座っている女性を殺してやろうと思い包丁で突き刺したことは間違いない
  • 6年前くらいから幸せそうな女を殺したいと思ったから
  • 逃げ場がなく、大量に殺せるから電車でやった

對馬悠介は、新宿区内の食料品店で万引きをして女性店員に通報。

「女性店員を殺してやりたいと思い夜に店に戻ろうとしたが、閉店していることに気付き電車で人を殺す計画に切り替えた」

などと供述しているようです。サイコパスとしか言いようがありません。

  • 對馬悠介は、車両移動しつつ乗客を包丁で襲撃
  • 包丁の柄が折れる
  • サラダオイルを床に撒き、火をつけようとした
  • 火がつかなかったので、逃走

<犯行前>
「快速なら乗客が途中で降りられない」ことを理由に、登戸駅で快速急行に乗り換えていた。

對馬悠介の近隣住民からの評判

對馬悠介の近隣住民からの評判

對馬悠介と同じ川崎市内のアパートの住民からの對馬悠介に対する評判は意外なものでした。というのも住民は對馬悠介の印象について「今回のような残忍な事件を起こすとは思えないような常識人」と話しているのです。

 同じアパートの1階に住む70代男性は4年前に引っ越しのあいさつで訪ねた際、対馬容疑者から「2階の方が迷惑を掛けることが多いのに、わざわざありがとうございます」と言われた。「常識的で、あんな事件を起こすような人には見えなかった」と振り返る。

引用:東京新聞

挨拶こそ返すことはなかったものの、アパートの利用ルールを守っていて、住民とトラブルになるようなことはなかったそうです。ですが、8月1日に對馬悠介の自宅で煙が出るといったボヤ騒ぎがあったと住民は明かしています。ボヤがあった際、窓から顔を出した對馬悠介に対して住民が安否を確認しようと声をかけるも返事は帰ってこなかったそうです。

ボヤ騒ぎはサラダ油をつかった殺人事件の計画を練った日から5日も前のできごとですので、事件との関連性はあるのかわかりません。しかし、日頃から女性に対して恨みや殺意を抱いたことを考えれば、いつか実行する計画のために予行練習を行っていたということも考えられそうですね。

對馬悠介は鉄オタではない?

對馬悠介は鉄オタではない?

對馬悠介は今回の切り付け事件で小田急線の車両から自力でドアコックを開け、逃走したことから鉄オタなのではないかという声がTwitter上に投稿されました。

小田急線の犯人Dコック開けたって事は鉄オタか関係者説あるな

この對馬悠介が鉄オタではないかとする説に対して、鉄オタではないとする声もあるようです。今回對馬悠介が犯行に及んだ小田急線の車両は「最新式の5000形」であり、この車両は監視カメラが搭載されているという特徴があるといわれています。そのため、鉄オタであればこの車両での犯行は避けるのではないかという見解が見られました。

しかし小田急線の刃物男、非常コックを扱って逃走したとかあったから鉄オタかと思ったけど、鉄オタだったらわざわざ防犯カメラ完備の新型車両(5000形)でやろうとはまず思わないよな

ドアコックを使ったからといって對馬悠介が鉄オタだと判断するのは厳しいかもしれませんね。ただ、非常用の装置であるドアコックを難なく使用していることから、鉄道に関する知識をある程度持っていたのか、犯行にあたって逃亡する手段として事前に使用方法や設置場所を把握していた可能性がありそうです。

對馬悠介で思いだす小島一朗

對馬悠介で思いだす小島一朗
對馬悠介で思いだす小島一朗

對馬悠介で思いだす小島一朗

走行中の新幹線で起きた通り魔殺傷事件で、司法は「一生、刑務所に入りたい」「自分の命は惜しい(から死刑にはなりたくない)」という被告の望みを聞き入れた。昨年6月、東海道新幹線で3人を死傷させ、殺人と殺人未遂罪に問われた小島一朗被告(23)の裁判員裁判。横浜地検は9日、無期懲役を求刑し、横浜地裁小田原支部は18日、求刑通り無期懲役を言い渡した。量刑は検察側と弁護側双方の要求通りで、このまま確定するとみられる。この判決が確定すれば、小島被告が望む「無期懲役囚」という身分と、食事など生活に必要な費用を国が生涯、保証することになる。

出典:ダイヤモンドオンライン

2018年6月9日午後9時45分。新横浜から小田原間を走っていた新幹線で、女性2人と止めに入った男性が78箇所をナタなどで切りつけて、殺害した事件です。

動機は、子供の時から刑務所に入ることが夢であったそう。その生い立ち、経歴はかなり複雑でした。

5歳発達障害発覚・両親と関係希薄
13歳不登校
14歳地域活動支援センターへ
20歳就職先の会社でいじめ・人間関係を理由に退社
21歳祖母と養子縁組

自我を持たない時期から両親、家族の愛を貰えなかったのでしょう。

對馬悠介の事件は動機こそ違いますが、似たように人間関係によって心が壊れてしまったのではないでしょうか。

對馬悠介のtwitter(ツイッター)では男と女について語っているようです。

犯行は計画的なもので許されるものではありません。被害者と自分の罪に向き合って欲しいです。

コメントを残す

CAPTCHA