ハコヅメの脚本家や監督,スタッフやプロデューサーを調査してみた

ハコヅメの脚本家や監督、スタッフやプロデューサーを調査してみました!

脚本家、根本ノンジは、漫画原作のドラマの脚本を数多く手がける人物です。

他にも監督、演出スタッフには、様々な会社から集められています。

また、プロデューサーには、日本テレビの人気ドラマや、バラエティのスタッフが!

歴代作品と合わせて、ご紹介します。

この記事で分かること
  • ハコヅメの脚本家
  • ハコヅメの監督、演出スタッフ
  • ハコヅメのプロデューサー

ハコヅメの脚本家

ハコヅメの脚本家は、根本ノンジです。

脚本家になる以前には、構成作家として活動していた根本。

また、あの大人気刑事ドラマ「相棒」シリーズの脚本を手がけた経験もあります。

その他にも医療ドラマや漫画が原作のドラマ脚本も数多く担当してきた根本。

そんなハコヅメの脚本家、根本ノンジについて解説して行きます。

脚本家:根本ノンジ

ハコヅメの脚本家、根本ノンジ。

主にテレビドラマの脚本家として活動しています。

歴代作品
監察医朝顔2019年、フジテレビ
サ道2019年、テレビ東京
相棒
season18
2019年、テレビ朝日

漫画原作のドラマも多く手掛けています。

本作も漫画原作のドラマなので、漫画の魅力を活かした脚本に期待したいですね。

以上、ハコヅメの脚本家でした。

続いては、監督です。

ハコヅメの監督

ハコヅメの監督

ハコヅメに監督は、いません。

公式HPのキャスト・スタッフ一覧によると監督の欄は、ありません。

そのため、本作の演出スタッフが監督の役割を担っていると思われます。

そこで、ハコヅメの演出スタッフを、次の欄でご紹介します。

ハコヅメのスタッフ

ハコヅメのスタッフ

ハコヅメのスタッフは、演出スタッフが3名。

南雲聖一、丸谷(まるや)俊平、伊藤彰記です。

3名の演出スタッフが、これまでどんな作品に関わってきたのか、歴代作品とともに、ご紹介します。

それではハコヅメのスタッフを、1人ずつご紹介しましょう。

スタッフ①:南雲聖一(演出)

ハコヅメのスタッフ1人目は、南雲聖一(演出)

日本テレビ所属のドラマ演出家です。

歴代作品
イノセンス
冤罪弁護士
2019年、日本テレビ
偽装不倫2019年、日本テレビ
未満警察
ミッドナイトランナー
2020年、日本テレビ

ハコヅメのような雰囲気のドラマは、近年では、あまり手掛けていませんね。

それがかえって楽しみでもありますね!

続いて、ハコヅメのスタッフ2人目です。

スタッフ②:丸谷俊平(演出)

ハコヅメのスタッフ2人目は、丸谷俊平(演出)

第57回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞など、様々な賞を獲得した「俺の話は長い」

丸谷は、そこで演出を務めた経験がある実力者。

また、丸谷が所属している株式会社オフィスクレッシェンド

「ケイゾク(1999年、TBS)」などを手掛けたヒットメーカー、堤幸彦がいます。

歴代作品
俺の話は長い2019年、日本テレビ
ハケンの品格
第2シリーズ
2020年、日本テレビ
#リモラブ
〜普通の恋は邪道〜
2020年、日本テレビ

主人公が、一癖あるタイプが多い印象です。

本作は、どうでしょうか?

続いて、ハコヅメのスタッフ3人目です。

スタッフ③:伊藤彰記(演出)

ハコヅメのスタッフ3人目は、伊藤彰記(演出)

伊藤は、日本テレビの子会社AX-ON所属のスタッフです。

歴代作品
過保護のカホコ2017年、日本テレビ
35歳の少女2020年、日本テレビ
恋はDeepに2021年、日本テレビ

2020年、35歳の少女を取材した【MANTANWEB】の記事で、主演の柴咲コウも伊藤への信頼を語っています。

その伊藤の手腕に期待したいですね!

続いては、ハコヅメのプロデューサーです。

ハコヅメのプロデューサー

ハコヅメのプロデューサー

ハコヅメのプロデューサーは、総勢4名。

加藤正俊(チーフプロデューサー)、藤森真実、田上リサ、大平太(協力プロデューサー)です。

各プロデューサーがこれまで制作に関わってきた作品を、ご紹介します。

みなさんが見たことのある作品もあると思いますよ。

では、ハコヅメのプロデューサー1人目です。

プロデューサー①:加藤正俊(チーフ

ハコヅメのプロデューサー1人目は、加藤正俊(チーフ)

加藤は、日本テレビ所属のプロデューサーです。

ごくせんなど、数々の日テレヒット作の演出を手掛けて来ました。

歴代作品
正義のセ2018年、日本テレビ
ウチの娘は、
彼氏が出来ない!!
2021年、日本テレビ
君と世界が終わる日に
(Season1)
2021年、日本テレビ

インパクトのあるタイトルが多いですね。

ハコヅメも漫画原作とは言え、印象的なタイトルですよね。

続いては、ハコヅメのプロデューサー2人目です。

プロデューサー②:藤森真実

ハコヅメのプロデューサー2人目は、藤森真実。

マイナビニューズの藤森の記事によると、日本テレビの社員です。

ドラマのプロデューサーとしてだけでなく、バラエティ番組「しゃべくり007」の演出も手がける藤森

マルチな活躍ですね!

また同じ記事では、現場の臨場感を大切にした編集を行うことに長けているとの評価です。

歴代作品
ドルメンX2018年、日本テレビ
バベル九朔2020年、日本テレビ
私たちはどうかしている2020年、日本テレビ

本作も臨場感にあふれた作品に仕上がっているのでしょうか。

続いては、ハコヅメのプロデューサー3人目です。

プロデューサー③:田上リサ

ハコヅメのプロデューサー3人目は、田上リサ。

【テレビドラマデータベース】によると、田上は製作プロダクション「5年D組」に所属しています。

歴代作品
過保護のカホコ2017年、日本テレビ
BG
~身辺警護人~
2018年、テレビ朝日
35歳の少女2020年、日本テレビ

日テレ以外にも、テレ朝でもヒット作を手掛けていますね。

本作では、どのような役割を果たしているのでしょうか。

続いては、ハコヅメのプロデューサー4人目です。

プロデューサー④:大平太(協力)

ハコヅメのプロデューサー4人目は、大平太(協力)

読み方は「おおひらふとし」で、日本テレビの制作局専門部長です!

人気作を手掛けて来たベテランのようですが、協力プロデューサーとは、どのような役職か調べました。

Wikipediaによると、限定された業務を行うプロデューサー。

また製作補とも言われるようです。

歴代作品
家政婦のミタ2011年、日本テレビ
○○妻2015年、日本テレビ
同期のサクラ2019年、日本テレビ

「家政婦のミタ」は、最終回の視聴率が40%だった大ヒット作です。

本作で大平が、どのような役割を果たしているのか大変興味深いですね。

以上、ハコヅメのプロデューサーでした。

ハコヅメの脚本家や監督,スタッフとプロデューサーまとめ

ハコヅメの脚本家や監督、スタッフとプロデューサーのまとめです。

  • 脚本家:根本ノンジ
  • 監督:不明
  • 演出スタッフ:総勢3名
  • プロデューサー:総勢4名

今回、調べてみたら、ハコヅメには、様々な所属会社から、多様なスタッフが集まっていました。

ハコヅメが、最終的に視聴者にどんな評価をされるのか、楽しみになりましたね!

以上、まとめでした。

コメントを残す

CAPTCHA