青天を衝け_意味_とは_何_ドラマ名_タイトル

青天を衝け意味とは何?

ドラマ名のタイトルに込められた想いとは一体?

幕末から明治時代を生きた、日本資本主義の父と言われる渋沢栄一の物語である青天を衝け。

そのドラマ名の意味とは一体何なのでしょうか。

タイトルの込められた想いを調べてみました!

青天を衝け意味とは何?

青天を衝けの意味とは一体何なのでしょうか?

公式サイトにはタイトルの意味に関する情報はありませんでした。

そこで青天を衝けというドラマ名から、タイトルの意味を予想してみました。

まず、『青天』の意味は晴れ渡る空という意味ですよね。

次に『衝け』とはとがったもので勢いよく刺す、または強く当てることを言います。

舞台である幕末の頃は、官尊民卑の世の中です。

渋沢栄一は百姓の家に生まれたため、国の人間に服従しなければなりませんでした。

そんな理不尽な身分制度に、「百姓のままで終われない。武士になる」と決意します。

この決意が青天の空を衝く勢いであることが、青天を衝けというドラマ名の意味なのではないでしょうか。

青天を衝け意味とは何?ドラマ名タイトルに込められた想い

青天を衝けの意味とは何?

ドラマ名タイトルに込められた想いとは!?

青天を衝けの公式サイトを調べたところ、タイトルに関する情報はありませんでした。

そこで舞台である幕末から明治時代の背景や、渋沢栄一という人物からドラマ名に込められた想いを探ってみたいと思います。

タイトルに込められた想い①:時代背景

青天を衝けの意味とは何なのでしょうか?

ドラマ名タイトルに込められた想い、時代背景とは何!?

青天を衝けの公式サイトには、タイトルに関する情報はありませんでした。

そこで舞台となる幕末の時代背景から、ドラマ名に込められた想いを探ってみます。

幕末とは江戸幕府の末期をことで、この頃は徳川将軍が国の政治を行っていました。

外国と関わらない鎖国が、約200年ほど続いていたこの時代に現れたのがペリーです。

そのペリーに対し外国とは取引せず、今の国を守り抜こうとしたのが攘夷運動です。

しかし日本の国力が弱い事に気づき、開国して外国の技術を取り入れようとする意見と対立することになります。

青天を衝けとは、外国との交易を受け入れるか、鎖国を続けて外国を追い払うかで揺れる日本がどう突き進んでいくのかを描くという意味が込められているのではないでしょうか。

タイトルに込められた想い②:渋沢栄一の思想

青天を衝けの意味とは何なのでしょうか?

ドラマ名タイトルに込められた想い、渋沢栄一の思想とは何!?

公式サイトには、タイトルに関する情報はありませんでした。

そこで渋沢栄一の思想から、ドラマ名に込められた想いを探ってみます。

渋沢栄一は百姓の家に生まれたことで、官尊民卑の理不尽な思いをして過ごしました。

武士になる事を決意しますが、尊王攘夷運動に参加し、幕府を倒すことを目標にします。

しかしその後徳川慶喜との関わりから、幕府を倒すどころか幕臣になってしまいます。

幕臣の仕事の中で外国の社会に衝撃を受け、新政府入りした後に民間企業を次々と設立していきます。

渋沢栄一の思想とは、その時代に触れた人や世界情勢から紆余曲折してきたことがわかりました。

その後は500以上の企業や経済団体を設立、運営。

私立学校の設立、運営、支援など、700以上の社会事業にも貢献しています。

このことから青天を衝けとは、様々な経験から日本資本主義の父と呼ばれるようになるまでの道筋を意味しているのではと予想します。

タイトルに込められた想い③:渋沢栄一が詠んだ詩

青天を衝けの意味とは何なのでしょうか?

ドラマ名タイトルに込められた想い、渋沢栄一が詠んだ詩とは何!?

公式サイトには、タイトルに関する情報はありませんでした。

そこで渋沢栄一が詠んだ詩から、ドラマ名に込められた想いを探ってみます。

渋沢栄一が若い頃、家業の藍玉を販売するべく旅にでていた時に詠んだ詩があります。

『勢衝青天攘臂躋、気穿白雲唾手征』

その意味は、『青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む』だそうです。

若い青年が詠んだとは思えない程、気迫のこもった詩ですよね。

渋沢栄一は若い時から信念を持ち、真っ直ぐに突き進むような人生を歩んできたのではと感じ取れます。

青天を衝けは、この詩の『青空をつきさす』という言葉と、その信念が込められているのではないでしょうか。

青天を衝け意味とは何?twitterの反応

青天を衝けの意味とは何?

ドラマ名、タイトルの意味とは何か、twitterの反応を調べてみました!

ドラマ名の意味についてtwitterの反応では、歴史的な背景から予想する声と、現代の情勢から力強く生きるという意味を予想する声がありました。

渋沢栄一が残した言葉「大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ」など、志が高い名言から現在の情勢に対して強く生きていこうと意味が込められているのではと予想しています。

青天を衝けは過去、現在に対して、強い気持ちがこもったタイトルであることは予想できますね。

青天を衝け意味とは何?ドラマ名タイトルに込められた想いまとめ

青天を衝け_意味_とは_何_ドラマ名_タイトル

青天を衝けの意味とは何?

ドラマ名、タイトルに込められた想いまとめ!

青天を衝けの公式サイトには、タイトルに関する情報はありませんでした。

そこでドラマ名の意味を時代背景と渋沢栄一という人物から、力強く生きていく様と予想。

舞台となる幕末から明治時代だけでなく、現代にも通じる意味を持つタイトルではないでしょうか。

タイトル、ドラマ名の意味とは何か、放送内容から答えがわかるのが楽しみです。

コメントを残す