スキンアイロンを使用したら、痛いと感じる刺激の危険性があるのは嘘?本当なんでしょうか?

肌が弱い敏感肌では使えないのか?

スキンアイロンの肌が弱い敏感肌への安全性は大丈夫なのか徹底的に調べました。

大人気とは言えスキンアイロンを使って、アイロンでシワを伸ばすって…確かに痛そう。

肌が痛い危険性があるのは不安ですよね、安全性と合わせてお話していきます。

スキンアイロンは痛みが出る危険性あり?

スキンアイロンは、痛いというよりピリピリと感じる可能性はあります。

危険性はほぼないに等しいです。

スキンアイロンは生体電流を使ってコラーゲン生成を促すので、電気をピリピリと感じる場合があります。

生体電流は私たちの体に常に流れているもので、スマホを触って動くのも生体電流です。

私たちの体は、意識して動かしているように見えてすべて電気信号で指を動かしたり歩いたりしています。

コラーゲンをつくって、肌をもちもちにするのも電気信号を体内から出しているんですよ。

スキンアイロンは、例えばほうれい線にあてることで細胞に電気信号を送って、コラーゲンを生成してキュッと引き上げるんです。

元々、体内に備わっている仕組みを使っているので安全性はとても高い機能なんですよ。

静電気をぴりっと感じる程度なので、スキンアイロンを使って痛い危険性はないと言えますね。

スキンアイロンの皮膚刺激の安全性は大丈夫なのか?

スキンアイロンは皮膚に刺激があるのか、安全性は?と心配になりますね。

エステサロンでは生体電流はニキビ肌や敏感肌のお肌をバリア機能を高める目的で使用されているほど鎮静効果もあるものです。

スキンアイロンは、生体電流を弱と強と切り替えることが出来るため肌に合わせて使用することが出来ます。

そのため、生体電流に関しては不安を持つ必要なく、安全性があると言っていいのではないでしょうか。

温熱効果は刺激がある?

スキンアイロンの、42度という温熱はお肌に刺激はないのでしょうか?

お風呂のお湯くらいなので、熱く感じる方はほとんどいないくらい安全性は高い製品です。

ただし、スキンアイロンを1点に動かさずにくっつけていると【低温やけど】する危険性はあります。

これは、42度の温熱と一緒に、スキンアイロンが1秒間に300回振動しているためです。

ユレは感じませんが、細胞の摩擦熱により効果が高まる半面、停止してしまうと内部で低温やけどを起こす危険性があります。

1点に止めず、動かしていればスキンアイロンは高い安全性を保ったまま使用できます。

使い方をきちんと守ることで、安心して使用できますね。

温熱をあてることで、肌の血液循環が良くなりくすみケアやニキビや毛穴つまりの原因ケアにもなりますよ!

スキンアイロンは肌が弱い人でも安心?

スキンアイロンは、肌が弱い方でも安心して使用することが出来るのでしょうか?

肌が弱い人というと、【敏感肌】と【ニキビ肌】ですよね。

スキンアイロンをせっかく使用するなら安心して使いたいので、敏感肌やニキビ肌でも使える方法をご紹介します。

敏感肌は2日に1回のケア

生体電流だけでも、ピリピリと感じるほど敏感な弱い肌の場合は少し刺激になる場合もあります。

炎症して赤くなっているニキビも同じことが言えます。

その場合は、お顔に直接トリートメントするのは2日に1回にして肌を慣らしていきましょう。

2日に1回のスキンケアで、肌に刺激を感じなくなれば毎日使用することもできますよ。

せっかくなら毎日使いたい…

スキンアイロンを手に入れたら、早く効果を感じたいしせっかくなら毎日使いたいですよね。

敏感肌ヤニキビで毎日使用が難しい方は、お顔は2日に1回でケアしながら毎日首や耳回りだけ毎日ケアしていきましょう。

お顔のくすみやムクミの原因になる水分や老廃物が、一気に抜けやすくなりますよ。

お顔に直接できなくても効果を発揮できるのが、全身に使えるスキンアイロンならではの使い方です。

特に、ニキビ肌の原因である余分な水分と老廃物が流れやすくなります。

ニキビで悩んでいる方は特に耳回りに重点的なケアをすることで、新たなニキビの材料を減らすことが出来るので、おすすめです。

スキンアイロンの痛みまとめ

スキンアイロンの痛み、安全性をまとめます。

  • 痛い危険性はない
  • 弱い肌への安全性も高い商品
  • ニキビ肌には特に耳回りに使う

静電気を感じる程度で危険性はないようですね。

お肌が弱い方は、この3ステップを踏みましょう。

  1. お顔へは2日に1回にする
  2. 首と耳裏に毎日ケアをする
  3. 新しいニキビが出来にくい

アイロンを肌にギュッとあてるのは痛そうですが、スキンアイロンは痛くなく、熱くもないと分かりましたね。

肌が弱い敏感肌やニキビ肌でも、痛いと感じることなく高い安全性を保ちながら使用も可能なんです!

コメントを残す